Urawa Reds Life

   
08/10/2019    Game
   

J1リーグ第22節 浦和レッズ vs コンサドーレ札幌。サイドにフタをされたときのビルドアップの形の構築を!

アウェー札幌戦 浦和レッズ

アウェー札幌で開催される今節。

強烈な蒸し暑さの埼玉スタジアムとは違い、比較的コンディションのよい環境でのプレーとなる。

相手はミシャ監督率いる札幌。

ミシャ監督が就任する前からミシャ式に合う選手を集めていたんじゃないか、と思わせるほどスムースにミシャ式に馴染んだ札幌。毎シーズンしっかりと結果を残し上位に食らいつく戦いを見せている。

かたや浦和レッズは異なるタイプの監督を招き入れ、戦い方を変えるも選手は変わらず、噛み合わないまま2年間苦しいシーズンを過ごしている。

大槻監督になり、相手をスカウティングしつつ守備のやり方を定め、攻撃はミシャさんスタイルを復活させた。

この戦い方で現状まだ結果は出ていないが、手応えをつかみつつある。

手応えを自信にするには、勝利することがが一番。

アウェーで札幌相手に勝ち点3を奪い勢いをつけたい一戦。

スタメンとフォーメーション

2019 22節 札幌戦 スタメン

最近始めたスタメン予想:次節の浦和レッズの予想スタメン【浦和レッズ vs コンサドーレ札幌】

今回は結構予想スタメンを外しました。

ファブリシオ選手は控えで前線の1トップ2シャドーは興梠・武藤・長澤ユニット。前線からの守備を考えれば、このメンバーの方がいいので、そういう選択だったのかもしれない。

また、ボランチはエヴェルトン選手が入り、柴戸選手がメンバー外。サイドは橋岡選手が外れ、宇賀神選手が入るという形。

宇賀神選手は右に、関根選手が左に、と少し意外な配置。どのような戦いになるか。

前半

前半いきなりコーナーキックを与え、ピンチになるという心配な入り方。3試合連続で開始早々にピンチを迎えているので、そろそろいい加減になんとかしないと神様に見放されてしまう。。。

札幌は構えてボールを奪ってカウンター!の切れ味が抜群。

攻撃の形があるし、ボールを預ける相手(ジェイ選手)が明確なので、迷いがない。

一方レッズはしっかり守備のブロックをつくる札幌を崩す形を作れない。武藤選手と興梠選手が何度も裏を狙うが効果的な形は作れていなかった。

サイドもしっかり蓋をされ、レッズはなかなか縦にも中にも抜けれられない、そんな前半。

後半

後半も同じ展開ではあったが、レッズが久々にセットプレーから得点。

ゴール前までに入っていたエヴェルトン選手。そこを見ていてマイナス気味にクロスを入れた武藤選手。そこからのCKでマウリシオ選手が競り勝ち、こぼれたボールをフリーでエヴェルトン選手がヘッド。
後半12分に先制。

攻撃に入っていけるエヴェルトン選手の良さが出たシーンだったと思う。

しかし後半23分、オープンな展開になったところから、カウンターの流れで鈴木武蔵選手に決められて同点。

レッズとしてはオープンな展開にする必要はなかったんだけど、もっとうまい試合の進め方があったんじゃないかと思う。
このあたりのコントロールをしてくれる選手がいない印象。

そのままオープンな展開になって、どちらにもチャンスがくるも得点はきまらず1-1で試合終了。

雑感

前回対戦時は好き放題やられての敗戦だったので、ちょっと何かできれば勝てたかも、というところまでいけたのは収穫だと思う。

レッズは前線から追いかけて札幌に自由にビルドアップさせない作戦だった。
何度もかわされ、またジェイ選手のところで作られれてピンチを迎えるも、複数失点はしなかったのでよかったと言えるのか。
でも戦う姿勢としてはわるくなかった。

問題は攻撃。どうにも攻撃の形がない。(色々試行錯誤しているのはわかる)

特に気になるのは、ビルドアップ時にサイドアタッカーもシャドーも降りてボールを受けにくるところ。これでは相手も守りやすい。プレッシャーをかけてパスコースを切れば後ろに戻してくれる。しかもそこのパスコースも切ればミスしてくれるかもしれない。

ミシャさんはサイドアタッカーが中に入って、シャドーが降りて、ストッパーがサイドを駆け上がるという三角形の回転を使った。
だから数年前は槙野選手や森脇選手が相手サイドまで上がるシーンが多かった。ただそのかわり被カウンター時の大ピンチ率も高かった。

オリヴェイラさんはそういうのを使わなかったし、今のところ大槻監督も使わない。
今いるメンバーは皆当時のビルドアップの仕方を知っているので、やろうと思えばできると思うけど。相手より人数をかけないなら、個で打開するしかないし、関根選手にはそこが期待されるのだろうけど、やっぱり1人でできることには限界がある。

守備時5バックの相手に対し、サイドアタッカーがどのようにプレーするのか。

どうやってボールを前に運ぶのか。形や狙いをいくつか見せてくれるととても嬉しい。

相手もあることなので難しいタスク。

だけど、緻密な分析から戦術を構築できる大槻監督、今はチーム作りの途中だと思うので、これからACL、天皇杯、ルヴァン杯と続く中でチームが進化していくことを期待したい。

さて、小野伸二選手が札幌から移籍するとのことで、セレモニー的なことが行われていた。スペシャルな選手だし、多くの方々にリスペクトされる人間性。でもまだまだ現役を続ける模様。

浦和で、世界で、そして日本に戻ってきてからも、存在感はやっぱりあるなぁと思う。引き続き日本のサッカーを盛り上げてください!

Pick Up Post

New Posts

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Category

HOME