Urawa Reds Life

ゴールを取れる選手たち【浦和レッズ vs ジュビロ磐田 J1リーグ第5節】

03/19/2022Game
J1 リーグ 浦和レッズ vs ジュビロ磐田 ホーム

ホームで勝ってとにかく勝ち点を3ずつ積みたいレッズ。6試合戦ってここまで1勝1分4敗。

ゴールを、そして勝ち点を奪えるか。

スタメン

2022 5節 浦和レッズ vs 磐田 スタメン

SUB: 彩艶、岩波、馬渡、柴戸、大久保、モーベルグ、明本

ユンカー選手がスタメンに復帰。90分まだプレーできないとのことだが、先に得点を奪いに行ったものと思われる。

前半

押し込むレッズ。

右の酒井選手が高い位置を取り、3バック気味で運ぶ。

前半6分。自陣深い位置で犬飼選手が右サイドに開くシュルツ選手へ展開。小泉選手が受けて高い位置にポジション取っていた酒井選手が縦に速く仕掛ける。そのまま鋭いグラウンダーでクロス。

相手DFの裏に既に抜けていたユンカー選手がワンタッチシュートもGKがファインセーブ。そこからのCKを犬飼選手がヘッドでナイスゴール!

その後11分、ジュビロDFのパス回しで江坂選手が奪いユンカー選手が決めて2点目!

その後14分、セットプレーから失点。ちょっとあっさり過ぎてもったいなかった。

22分、小泉選手が相手をかわして前のスペースへスルーパス。抜け出すユンカー選手がGKと1:1もセーブされる。決定機だった。

35分、縦に早い攻撃で抜けたユンカー選手がヒールしたボールに走り込んだ伊藤選手。PK判定となりそれを蹴ったのはDFのショルツ選手。しっかり決めて3-1。

45分、岩尾選手が相手の裏へのロングパス。抜けた酒井選手がトラップからグラウンダークロス。走りこんだユンカー選手が潰れてこぼれたボールに関根選手がシュートも枠外。

後半

後半0分、交代、ユンカー—>明本、関根—>モーベルグ

キレキレの動きを見せるモーベルグ選手。積極的なプレーを見せる。

そして後半3分、中央で持ってからゴール方向にベクトルを出してドリブル。そのままゴールに向かいフェイントかけながら相手を制して見事なゴール。

インパクトありすぎのデビュー戦となった。

後半7分、酒井—>馬渡

モーベルグ選手が持って仕掛けてゴール前でチャンスというシーンあり、攻撃力の凄さを実感。

後半21分、大畑—>大久保

後半32分、岩尾—>柴戸

ここの後レッズはスムースさを失い(?)、攻撃はチグハグになるも最後までそのままの点差で進み4-1で勝利。

雑感

ここまで7試合戦ってきて失点は8。決して守備が崩壊しているわけではなく、ゴールさえ奪えれば勝ち点もついてくると信じていた。

今日は犬飼選手がセットプレーから、ユンカー選手は幾度となく好機に関わり、モーベルグ選手もゴールをとった。PKからショルツ選手も決め、助っ人3人が揃い踏み。

ゴールを奪うぜ、ってオーラがやっぱり違う。これがストライカーってやつかと思ったし、本当に心強い選手たちが揃ってきた。

その一方でチャンスで決めきれなかった選手たち。関根選手にも江坂選手にも明本選手にもチャンスはあった。ゴールを決めないと勝てないので、最後の精度に気持ち込めて次から決定力をお願いしたい。それができるようになれば本当に怖い選手になれる。

あと気になったのは岩尾選手が狙われてロストしてピンチを迎えたシーン。あれ無くしたい。相手が相手なら失点してたと思うので。

何はともあれホームで勝ち点3をもたらしてくれた監督・選手たちに感謝。少し期間が空くけれど、またしっかり準備して連勝を目指してください!

HOME

Pick Up Post

New Posts

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Category

PVアクセスランキング にほんブログ村