Urawa Reds Life

   

最後まで戦い切って、勝った。【浦和レッズ vs 横浜FM J1リーグ2021第36節】

11/20/2021    Game
浦和レッズ vs 横浜F・マリノス

圧倒的な攻撃力を持つ横浜FMをホームに迎える。堅守FC東京さん相手に8点決めたチーム。

ACL圏を目指すためには3位、天皇杯優勝チームが3位内に入る場合4位も可能性があるので、レッズは改めて勝ち点3が必要な試合となる。まだ諦めるタイミングじゃない。

スタメン

スタメン 浦和レッズvs横浜FM 2021 36

SUB:彩艶、槙野、宇賀神、酒井、金子、汰木、興梠

小泉選手、ユンカー選手、明本選手、柴戸選手と不在者多数。とはいえ今日のスタメンは今年レギュラー張ってた時期もあるメンバー。リカルド監督のミッションを表現できるかどうか。

前半

マリノスがパスワークで崩しにかかってくるも、レッズは集中した守備で最後のところはやらせない。

レッズはマリノスの高いラインの裏を狙う。田中達也選手を入れたのはその目的か。無理して手前で繋ぐことにこだわらず、縦に速く時にロングボールも使いながらマリノス陣内に攻め込む。

前半17分、左サイド裏のボールに大久保選手がスピードでボールに速くたどり着きファールをもらう。そのセットプレーで相手の予想を外すグラウンダーのクロス。それが抜けて最後はファーにいた伊藤選手が決めて先制!

レッズは速い選手とドリブルが得意な選手が前にいるので、守ってカウンターが効きそうな展開。

その後すぐに守備から一気にカウンターで田中達也選手が相手GKと1対1のところまで行けた。しかし得点ならず。

レッズは集中した守備が続く。戻りが早いし、ここぞではしっかりスプリントして相手のプレーを遅らせていた。

一方のマリノスの守備も素早くて、カウンターで江坂選手に当てても二人で囲んでくる。

緊張感ある展開が続きそのまま1-0で折り返し。

後半

3分。自陣で奪ってから伊藤選手が持ち上がり一回サイドに開いた江坂選手へ。伊藤選手はそのまま上がっていく。江坂選手が中央にパス。スルーしたところに入った関根選手がダイレクトでスルーパス。縦に抜けた伊藤選手が相手GKを交わすパスを出し、走り込んだ田中達也選手が押し込んでゴール!

後半11分、田中—>汰木

その後はマリノスがボールを持って押し込む。

後半32分、大久保—>酒井、伊藤—>金子、江坂—>興梠

40分、ロングボールを高い位置でキープされ、そのまま展開されて決められてしまい、2-1。

46分、山中—>宇賀神

最後は守り切って2-1で勝利。勝ち点を62まで伸ばした。

雑感

アンカー+2人のIHというスタイル。伊藤選手が前に出やすかったのもあるかと思うが、今日の彼は守備にゴール前に入っていく迫力に抜群の出来だった。1ゴール1アシスト。今後も期待。

そして関根選手の強度と走力。最後まで衰えずアディショナルタイムでも続けていたのには涙が出そうになった。ああいうプレーが見たいし、あれを継続したらサポーターは絶対に評価してくれるし声援を止めることはないと思う。

今日はチームでボールを持てなかったし、マリノスさんの方がボールを握って崩すという点ではまだ上手だとは思ったけれども、そうじゃないところでは負けずにやり切った。

今季終盤戦、鹿島には負けてしまったが川崎に引き分け、横浜に勝利。残るリーグ戦の相手は清水・名古屋。最後まで勝ち続けてシーズンを終えたい。この強度を保って。

皆さん、お疲れ様でした!

HOME

Pick Up Post

New Posts

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Category

PVアクセスランキング にほんブログ村