Urawa Reds Life

   

絶対に勝たないといけない試合だった【浦和レッズ vs G大阪 J1リーグ2021第32節】

10/17/2021    Game
浦和レッズ vs G大阪 ホーム ガンバ

ACL圏を狙うには勝ち点3を積み続ける必要があるレッズ。

一方、残留を確実なものにするために勝ち点3が必要なG大阪。両チーム今後上位との対戦が多く控えており、この試合は絶対に勝ちたいという状況で対戦。

スタメン

浦和レッズ vs G大阪 スタメン 2021 32節

SUB: 鈴木彩艶、槙野、西、伊藤、田中、小泉、大久保

ユンカー選手がメンバーにも入らず。負傷なのか調子が悪いのか気になる。。誰がゴールを取るのか、がポイントになると思われた。

前半

前半10分の間にガンバさんの右サイドを、レッズの山中選手・汰木選手サイドで何度も崩して決定機数回。決めたかった。

13分、山中選手が大外にいて岩波選手のロングボールが通ってから直接狙ったシーンも決定機。

その後14分に酒井選手が縦に突破してのクロスに汰木選手が飛び込んだシーンも。

15分、左サイドを崩して明本選手がPA内でシュートしたシーンも。

35分、明本選手が負傷のようで途中交代。
交代: 明本—>小泉

山中選手は最近調子がいいようで、今日もいいクロスをあげまくっていた。一つあえばゴールという感じ。決めきれなかった。

ガンバさんが前から来ないのか・これないのかではあったけど、ポジション取ってボールを回しながら空いたところを使い何度も決定機を作った前半。シュート13本、ボール支配率59%とゲームを優位に進めるも0-0。。

後半

後半9分、中盤でボールを奪ってから平野選手が無理矢理ドリブルでPA内まで突っ込み左足でシュート。わずかに外れる。。。

後半12分頃、中央で関根選手が持って縦に走る汰木選手へスルーパス。相手2CBを抜けてGKと1対1になるもシュートはセーブされる。

後半25分、山中—>西、柴戸—>伊藤

後半32分、汰木—>大久保、関根—>田中

40分頃から3分ほどVAR判定に時間がかかるもPK判定。小泉選手から江坂選手に縦に出てクロスしたシーン。

これを江坂選手が決めて先制。

しかしその後の開始後のロングキックがレッズPA内に入った際に手に当たってしまいハンド判定。

その後アディショナルタイムに決定機を迎えるも東口選手が何度もファインセーブ。変なところに弾くことなくことごとく上手くセーブされた。ただ、シュートをコースに狙ってれば入ったであろうシーンもあったかと思う。レオナルド選手やユンカー選手のようなゴール前での冷静さ・クオリティの重要性を感じる試合になった。

結局1-1で引き分け。

雑感

書ききれないほどチャンスを作り、何度もゴールに迫ったが結局勝ちきれなかった。かなり痛い引き分け。

ユンカー選手がいたらと思ってしまったが、改めてゴールを取れる選手って重要だなと思わされた試合(ユンカー選手は痛みを抱えていたらしい)

ショルツ選手は守備に攻撃にかなり効いてたなと思った。

替えがきかない選手になっている。平野選手も攻撃で素晴らしいプレーを見せ続けている。柴戸選手も守備でかなり効いていた。攻撃でも多くの時間圧倒してたし、こういう試合を勝ち切る何か、が必要だと思わされた試合。そして最後守り切る気迫、みたいなものも大事かと思う。相手も必死なわけだから。

今足りない何か、を見つけて次の試合、残りの試合、そして来シーズンに向けて改善してもらえればと思う。

この壁は越えないといけない。

HOME

Pick Up Post

New Posts

COMMENTS

  1. チャロ より:

    いつも拝見してます。
    非常に読みやすくて適度なボリューム感で冷静な文章が素晴らしいです!
    頑張ってください

    • Yo.red より:

      いつもありがとうございます!
      引き続きこんな感じで書いていきたいと思いますので、よろしくお願いします!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Category

PVアクセスランキング にほんブログ村