Urawa Reds Life

   

安定した戦い。【浦和レッズ vs 横浜FC J1リーグ2021第28節】

09/11/2021    Game
横浜FC vs 浦和レッズ

順位を上げるには勝ち続ける必要がある状況の浦和レッズ。

カップ戦、リーグ戦と勝たないといけない試合が続くが、ヒリヒリした緊張感を持ちながらいいシーズン後半を過ごしたいところ。

相手は降格危機にある横浜FCさん。必死にくるに違いない。

スタメン

2021 28節 浦和レッズ vs 横浜FC スタメン

SUB: 彩艶、槙野、宇賀神、金子、田中、大久保、キャスパーユンカー

なんと酒井選手がこの試合から復帰。

平野選手はずっとスタメンだったので不在は意外。

横浜FCは前回対戦時から随分メンバーが変わっている。フォーメーションも4-4-2ではなく違うようだ。

前半

開始早々、パス回しから後方の岩波選手へ。そこからルヴァン杯川崎戦のようなミドルパスで一発江坂選手へ。胸トラップでかわしにかかるもゴールは奪えず。その後、CKから決定機で酒井選手のシュートがバー直撃。。惜しかった。

前半10分までにCK、FK複数。チャンスの続く入り。

明本選手がかなり高い位置を取り続ける押し込む。ときに引いてひっくり返しにかかる。

しかしゴールを奪えない。

33分、モヤモヤするなか、小泉選手がボールを奪って持ち上がりクロス。一回弾かれるももう一度小泉選手へ。右であげると見せてかわして左足で鋭いクロス。汰木選手のヘッド!

先制。見事なゴール。

その後はしぶとくも守りながら1-0で折り返し。

後半

後半0分、小泉—>ユンカー

相手ゴールに迫り続けるレッズ。ゴール前まで行くも最後のところゴールにはならない。江坂選手は2つくらい強烈なシュートがあった。

後半32分、伊藤—>金子、江坂—>大久保

後半41分、関根—>槙野、汰木—>田中

後半43分、自陣ゴール前で相手にシュートを何度も打たれるも体を張って防ぎ切り、そこからカウンター。大久保選手が運びユンカー選手がシュート。こぼれたところに大久保選手がいて冷静にゴールを決めて追加点!!

そのまま試合終了してアウェーで2-0の見事な勝利。

メンバーが変わると、よりつなぐところがうまくいかないように感じた。

ボールを奪っても次への準備のところというか、展開ができないというか、もどかしさを感じたけど、そのあたり今後どのメンバーでもうまく行くようになるといいなと感じたところ。

雑感

試合の主導権を握り、アウェーでしっかりと勝利したのは大きい。

この試合も失点0。リカルド監督になってから、自陣PAエリア前がぽっかり空いてそこを使われるシーンがなくなった気がする。以前はそこからミドル打たれたり、深くえぐられてマイナスのパスに弱かったり。
今日は後半2点目の起点になるシーンでは何度もシュートを打たれたが、しっかり体を張って守り切っていた。スタミナと集中力が最後まで切れないのもいい。

これが安定感につながっている思う。

交代枠5人をうまく使いながら疲労を溜めてないのもいいのかも。

今節鹿島アントラーズは負けたが、他チームは勝ち点を積んでいる。順位は一つあげて6位(勝ち点48)。

まだまだ勝ち続ける必要があるが、チーム力は上向いている。安定感が出てきたのでこのままシーズン最後まで走り切りたい。

来週のC大阪戦も勝ちましょう。みなさまお疲れ様でした。

HOME

Pick Up Post

New Posts

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Category

PVアクセスランキング にほんブログ村