Urawa Reds Life

   

重そうだった。。勝ち点1を分け合う【浦和レッズ vs 湘南 J1リーグ第27節】

08/29/2021    Game
浦和レッズ vs 湘南ベルマーレ ホーム

今シーズン4度目の対戦となる湘南戦。ルヴァンでは2引き分け。リーグ戦では一度負けている。

3バックの相手を苦手にしている印象はあるものの、ここ最近は克服しつつある。今日も勝って上位についていきたいところ。

スタメン

2021 27節 浦和レッズ vs 湘南

SUB:彩艶、岩波、明本、柴戸、田中、江坂、木下

何人かのレギュラーメンバーは控えからのスタート。

いよいよ興梠選手や汰木選手がSUBにも入れていない状況。競争が激しいのはいいことではあるけれど。。

前半

湘南さんのパワーある前進から、サイドからクロスを入れられたり、何度かピンチを迎えてしまう。

小泉選手はいつも守備時は高い位置を取って相手のコースを切りながら追い込むのに、今日は一つ下がってボランチ2人と中央を閉めてるように見えた。

湘南さんはDFラインからロングボールを蹴ってタリク選手を競らせたりしてて、レッズは前から追い回しても蹴っ飛ばされるなら、という計算もあったのかしら。

レッズは攻撃では平野選手やショルツ選手、宇賀神選手が縦につけるパスを狙って何度かうまく行ったり。結構狭いところを通して中央突破を狙うシーンも多いように思え、実際そこからもう少しでゴールというチャンスも作れてた。

大久保選手の決定的チャンスでのシュートは枠を捉えられれば…というシーンだった。

両者ゴールを奪えず0-0で折り返し。

後半

後半0分、関根—>明本、小泉—>江坂

2トップに入った明本選手がスペースに走って深いところでボールをキープするようになる。後もそれを見ているのか、ロングボールが何度か出てたような。

後半10分、ショルツ選手が前に運び、相手の真ん中で江坂選手が受け前を向く。そのままベクトル前向きでユンカー選手がPA内でボールを受けて一旦戻したボールを中に入れダイレクトで最後は伊藤選手のシュート。というシーンは縦に速くて良かった。しかし枠を捉えられず。

ショルツ選手はボール持って前があくと、まずするすると上がっていく。今日岩波選手がSUBなのは休みだからか、はたまたショルツ選手の持ち上がりを監督が好んでいるのか、気になった。

後半27分、平野—>柴戸、宇賀神—>田中

ここからはショルツ、槙野、酒井の3バック。ウィングに大久保選手と田中選手。

後半35分、ユンカー—>木下

最後は行ったり来たりの展開。

両チーム譲らず0-0の引き分け。

雑感

守り切ったと言えるかもしれないし、湘南さんの精度のなさ(特にクロスが何度も精度なくラインを割ったのは助かった)に助けられたと言えるのかもしれない。

連戦中にアウェーで勝ち点1というのは決して悪くないとは思いつつ、他チームが勝ち点3を積み上げたりしてる中で勝ちたかったのが正直なところ。一旦ルヴァン杯でリーグ戦は空くが、試合は続くのでコンディション上げながら前に進んでいきたい。

選手たちは体が重そうで、やりたいことをうまく表現できる選手を使うか、最近出てないフレッシュな選手を使うかってのはいつも難しいポイント。外からでは今出てない選手たちの怪我の回復度合いとかコンディションとか分からないので、そこは監督の判断。

興梠選手、汰木選手、金子選手、阿部選手、トーマス選手、西選手、山中選手あたりはシーズン開始からそれなりに出場時間もあったので、コンディション良ければまたチャンスあるかなぁと思ったりするのだけど。さて、中2日で迎えるルヴァン川崎戦の先発はどうなるだろう。

こういう試合でもしぶとく失点0でいくというのはリカルド監督らしいと感じる。あまりリスクをとる戦い方はせず、バランス重視して失点を抑える。ここまで27試合26失点。川崎戦の5失点とかがあるので、それを除くとかなり堅守と言える。

攻撃がうまく回り始めたら…という期待の持ち方もできると思う。今日の勝ち点1を生かすべく、次からまた改善をお願いしたい。

皆さん、暑い中、お疲れ様でした。。

HOME

Pick Up Post

New Posts

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Category

PVアクセスランキング にほんブログ村