Urawa Reds Life

   

無失点でチャンスを狙う、で連勝【浦和レッズ vs 広島 J1リーグ2021第26節】

08/26/2021    Game
浦和レッズ vs サンフレッチェ広島

駒場スタジアムで広島さんを迎え第26節を戦う。

レッズはここまで12勝5分8敗で勝ち点41。

対する広島さんは7勝11分6敗で勝ち点32。

広島さんの方が負け数は少ないのだが、引き分けが多いようで勝ち点差は思いのほか離れている。前回対戦時は終盤に追いつかれていて、難しい相手にどのように戦うだろうか。

平日であまりじっくり見て書く時間がなかったため、簡単な印象のメモを残しておこうと思う。

レッズのスタメン

2021 26節 広島戦のスタメン

SUB:彩艶、宇賀神、柴戸、小泉、大久保、木下、興梠

なんとショルツ選手が左SB。これは誰も予想できなかったであろう。3バックか、と思われたが、立ち位置がかなり左SBに近いと感じた。ただ、流れで関根選手が降りてきて5バック気味になることもあり、ここは数字では簡単に表現できないところと思う。

また、今季初めて木下選手がメンバー入り。

そして待望の、小泉選手のメンバー復帰。

前半

前半15分。レッズは後方からの素早い縦のパス・動きで伊藤選手を経由して裏に抜ける関根選手へのスルーパス。関根選手のシュートが弾かれたところをユンカー選手が詰めて先制!

素晴らしい流れのゴールだった。

そのほかの時間も少しずつ自分たちの形をつくれているのかな、という印象。後ろで繋げる時は繋ぐし、ダメなら思い切ってスペースに蹴り、明本選手やユンカー選手を走らせる。

ゴールキックは酒井選手に届けて競らせるケースも増えてて、色々と持てる武器を使うよう取り組んでるのかなと感じる。

守備では強固なメンバー;ショルツ・槙野・岩波・酒井というラインで構成され、広島さんに攻められクロスを上げられるシーンも多かったけど、最後のところはやらせない守備ができてたと思う。

後半

点を取らないといけない広島が攻め、レッズが守る時間が長くなる展開。何度かピンチもあったが守り切ってる感じ。

後半19分、江坂—>小泉、平野—>柴戸

後半33分、ユンカー—>木下、伊藤(敦)—>大久保

後半42分、関根—>宇賀神

途中出場した選手がアグレッシブに走って競ったり守備をしたり、ドリブルで運んだり、最後まで戦い抜いて1-0で勝利。

木下選手は10分くらいの時間だったけど、貢献してたと思う。今度長い時間見てみたい。

雑感

守備時は左SHの関根選手が降りてきたり、攻撃時は高いところまで上がったり。そういえば去年前半の鹿島戦の右SH長澤選手も大変そうだなぁという試合があったけど。ただ、関根選手が得意なところと言うか、逆にやりやすかったりするのかもしれない。得点につながるプレーもあったし、最近充実してるのがGood。

しかし、スタメン争いというのは残酷で汰木選手が出れなくなっている。前節アシスト決めてて今節メンバーにも入らないのは競争ゆえかコンディション不良か。大久保選手は日々良くなってて相手の嫌そうなプレーをできてると思うので、みんなで切磋琢磨して向上してもらえればと思う。大久保選手の顔つきやキレあるドリブルは改めて人気出そうだなぁと今日思った。やってやるぜって感じのオーラが出てる。ブレイクしてほしい。

サイドバック不足問題や、相手が3バック/5バックのときにうまくいかない問題などあったけど、今日のショルツ選手SB起用で一つ対応パターンが増えたと思う。今日の左SHの役割だと、関根選手以外だと田中選手がスムースにできそうな気はするけど、他の選手はどうだろう。毎試合CBを3人使ってしまうと、連戦CBが回らなくなるリスクもあるので、今回が特別なのだろうか。次が楽しみではある。

そして今日も酒井選手は無双していました、と。

新規加入選手は合流したばかりだけど早速活躍していて、これからコンビネーション良くなるとゲームの内容も良くなっていくのではないかという期待がある。

リカルド監督はリスクを取らずに勝ちたいようにみえ、とにかく失点を抑えながらゴールを奪うことを考えているのかなと思われる。そんなリカルド監督にショルツ選手や酒井選手という屈強なDFが加わったのは大きいのではないか。前線で明本選手や関根選手が頑張ってくれるのも大きいのだろう。最近0 or 1失点でおさまっている。今後高い攻撃力を持つ相手と戦ったときにどうか。楽しみにしたいと思います。

皆さん、お疲れ様でした。

HOME

Pick Up Post

New Posts

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Category

PVアクセスランキング にほんブログ村