Urawa Reds Life

   

無失点でいられれば。浦和レッズ vs S.C.相模原【2021天皇杯3回戦】

07/07/2021    Game
浦和レッズ vs 相模原

一発勝負で厳しい試合となる天皇杯。相手も高いモチベーションで挑んでくる。

相手はS.C.相模原、駒場で対戦。どのように戦うだろうか。

今日は簡単なメモのみ。

スタメン

FW: 興梠、武藤
MF: 大久保、金子、柴戸、関根
DF: 山中、槙野、岩波、宇賀神
GK: 西川

SUB: 塩田、工藤、田中、明本、小泉、ユンカー

オリンピック合宿参加メンバー(彩艶選手、武田選手)が不在。

金子選手と柴戸選手のボランチコンビは見てみたかった組み合わせ。

次の試合も見据えてか、多くのメンバーを変えてきた。興梠・武藤コンビはゴールを奪えるか。

試合

前半早々いくつかチャンスを作るも決められず。
ボールはレッズがほぼ保持して、失っても即時奪回で試合は支配する。しかし相模原さんも5-4-1で守備を固め、レッズはビッグチャンスをなかなか作れない。

サイドもなかなか開かず、サイドから中央へのボールは引っかかる。

中央の興梠選手に入れようとしてもマークがきつく、そこもなかなか通してもらえない。

金子選手が降りたり、槙野選手が持ち上がったり、色々やるも最後のところをどうするか、崩しきれず。

うーん、という展開。

前半34分交代、山中—>明本
山中選手が右太ももに痛みが出たようで交代。

後半途中から、関根選手が仕掛けるようになる。相手が2人いても振り回して惜しいクロスを入れる。キレが戻ってきたか。パスで崩せないなら無理矢理こじ開けるってのも手段として1つあるかなとは思った。

後半21分交代: 興梠—>ユンカー、武藤—>小泉

飲水タイム後は徐々に相模原もユーリ選手を活かてカウンターを決め始め、レッズはピンチを迎える。が、最後は体を張って守る。

レッズはひたすら攻撃の糸口を探し続ける。。。

そんな中、後半42分、相手DF白井選手のパスをカットしたユンカー選手がゴールへ一直線に走りゴール隅へ見事なシュート。1人でカウンターを成立させ、待望の先制点!

奪ってからゴールまですごいスピードだった。救世主。決定力。本当にすごい。

後半48分交代、大久保—>杉本

最後は守り切って1-0で勝利。

雑感

出来るだけ無理はせず、失点をしないようにしながら点を取りに行く。両者そんな狙いだったように思う。

どちらかというと相模原の思い通りになったというか、レッズは点を取れないまま進み、後半途中バランスを崩し大きなピンチを迎えてしまった。しかし面白いものでそこで点が入らないと最後に相手のミスが出て、ユンカー選手が違いを見せて試合を決めた。

なんともいえないけれど、とにかく失点しないまま進めれば、最後ああやって点とって勝つということが可能になる。リカルド監督はこうやってしっかり勝っていける監督なのかも知れない。

次はなんと京都サンガFC。李選手や森脇選手、福島選手や武富選手、荻原選手もいるのでこれはまた盛り上がるだろう。みんなどうしてるだろうか。レンタル中の選手は出れるんだっけな…

難しい試合が続くが、競り勝ちながら一つずつ上にいきたい。

みなさん、今日もお疲れ様でした。

HOME

Pick Up Post

New Posts

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Category

PVアクセスランキング にほんブログ村