Urawa Reds Life

   

決定力と粘り強い守備。浦和レッズ vs G大阪【J1リーグ2021第14節】

05/16/2021    Game
Jリーグ アウェイ vs ガンバ大阪

監督交代初戦のガンバ大阪さんと戦うことになった浦和レッズ。アウェーで難しい試合になるなか、どのような展開になるだろうか。上位を目指すには勝ち点3がほしいところ。

スタメン

G大阪戦のスタメン 2021 14節

SUB:西川、山中、伊藤(敦)、汰木、関根、興梠、杉本

鈴木彩艶選手は前節無失点な訳で、結果を出した選手を起用する傾向にあるリカルド監督はやはり彼をスタメン継続とした。そういう意味では阿部選手もFKを決めており、そのままスタメンとしたのかも。

田中達也選手も大分戦でゴールを決めたり、出ればいいプレーを見せている中で、いよいよ関根選手を押しのけてスタメンとなった。リカルド監督の狙いやいかに。

前半

開始すぐに皆さん気になったのはポジションの違い。今日は武藤選手が左SH、小泉選手がFWのポジションに入った。小泉選手は守備時は2トップの立ち位置、攻撃時は比較的動きながら攻撃に関わる。

さて序盤、ガンバさんがボールをうまくつなぎながら押し込む展開。レッズボールのときは前からプレッシングしてくる。レッズは相手にボールを持たれる時間が続く。

しかし先制はレッズ。前半16分。

武藤選手が鋭い縦パスをPA付近で受けて、相手をいなしてクロス。流れたところに田中達也選手。からのクロス。ユンカー選手がいつもの通りシュートを打てる位置にポジションとって見事にヘッドでゴール。

ユンカー選手はとにかく先制点をとってくれるのがめちゃくちゃでかい。3試合連続。動き直してああいうヘッドでも点取れるのかー、色々できるなぁと。。

ガンバさんはゴールを取らないといけないので、引き続き攻めてくるしボールを前から奪いにくる。そのためスペースも空き気味でレッズはそこを使う。

20分、右サイドでスローインからつないでユンカー選手がロングパス。左サイドへ大きくサイドチェンジしそれを明本選手が運んでグラウンダークロス。いい位置に走り込んで見事に決めたのは田中達也選手。

画面手前にビューンと飛んでくるボールはどこへ行くのだろう、と見ていたが大外で上がってきたのは明本選手だった。ゴールの場面では武藤選手がニアに入ってきていて相手に影響を与えている。広く展開し、ゴール前に複数人が入っていき相手が整う前に崩してしまういいシーンだった。

40分、自陣からパスが出る。田中達也選手が縦に走る。速い。そのまま仕掛けて一気にPA内まで進入。一度相手に触られるも相手陣内深いところからクロス。ユンカー選手はいつものごとくシュートを打てる位置にて見事なワンタッチゴール!3点目!

田中達也選手は本当に素晴らしく、前半だけで1ゴール2アシスト。起用に応えて見事に結果を出す。小泉選手も走ってゴール前に入ってて相手に影響を与えていたし、迫力あるカウンターだった。

3-0でもレッズは守備の強度を緩めることなく3-0で折り返す。

後半

後半、レッズはあまり無理する感じではなく、チャンスを伺いながらボールを回す。

ただなかなかうまくはいかなくて、決定的シーンを作れず。

ガンバさんは攻勢を強めるも最後のところでゴールに近づけない。レッズは3-0でありながら粘っこく守備を継続してシュートを枠に入れさせない感じ。

後半10分 ユンカー—>杉本、小泉—>山中
かなり早いタイミングでの選手交代。中2日のルヴァン横浜FC戦も見据えてだろうか。

後半21分、阿部—>伊藤(敦)、武藤—>興梠

後半33分、田中—>関根

無理してゴールを狙いに行く必要がないレッズ後半失点することなくうまく凌ぎながら45分を過ごした感じ。

90分倒れるほど走る熱い試合も盛り上がるけど、中2日で続く過密日程なので、こういう展開でうまくいなしながら時間を過ごすのもいいと思う。もちろんゆるいって感じじゃなくて体張るところは体張りつつ、3-0で勝っている状況を活かしながら無理しすぎない感じというか。

アウェーで3-0は最高の結果。これでレッズは7勝2分5敗で勝ち点23。

試合を見ての感想

試合の入りを含めて、珍しくボールポゼッション率の低い試合展開だった。

ところが縦に速い攻撃もできるというか、隙あれば一気にゴールに向かえるし、それに適した田中達也選手がいたり、推進力のある明本選手がいたり。最後をしっかり決められるユンカー選手の合流もとても大きい。

ボール持たせてもらえれば押し込んで攻撃しますよ、持てないならカウンターで一気にゴールに迫りますよ、そんな感じでゴールを狙えるならとても大きい。リカルド監督はもっとボールを持って支配したいみたいだけど。

攻撃ではここぞでゴール前にいい距離感で複数人入っていて、それぞれが動いていて。武藤選手が相手を引きつけていたり、小泉選手が引きつけていたり、大事なところにはいつもユンカー選手がいて。ゴールリプレー動画を貼り付けながらこれはいい感じだなと思った。

守備もリードしながらも全力プレーで失点を抑えるというのが出ていてよかった。3-0の前半アディショナルタイム、武藤選手と明本選手がダッシュで相手に詰めてクリアしたシーンとか。

岩波選手も体を張ってて、いいプレーだった。

あまり名前出てこなかったけど、鈴木彩艶選手も落ち着いてて素晴らしかった。2試合連続完封。次のリーグ戦も先発ではないだろうか。日本代表からスタメン奪ってしまいそうでおろそしい。西川選手も黙ってないだろうけれど。

みんなよかったけどMOMを決めるとしたら…やっぱりユンカー選手かなと思う。最後ゴールを決められる場所にいてしっかり決めてくれる選手は貴重。決定力の大切さ。今日は逆サイドに展開するロングパスまで見せてくれた。かっこいいし…お客さんを呼べる選手。きてくれた彼と、引っ張ってきたフロントに感謝しなければ。。

レッズはいま非常にいい流れにある。ユンカー選手がはまって歯車がうまく回り始めたのか。ただこれからマークも厳しくなるだろうし、熱い夏に入っていくので油断は禁物。そもそもまだACL圏内の順位にも入っていない。勝ち続けるしかないので、引き続き全力プレーをお願いしたい。

悔しさを感じている控えメンバーも中2日で迎えるルヴァン横浜FC戦に燃えているはず。こちらも勝利してぜひ突破を!

HOME

Pick Up Post

New Posts

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Category

PVアクセスランキング にほんブログ村