Urawa Reds Life

   

前半つけいる隙はあっただけに。結局、隙をつかれたレッズ。浦和レッズ vs 川崎フロンターレ【J1リーグ2021 第6節】

03/21/2021    Game
ホーム 浦和レッズ vs 川崎フロンターレ

目下負けなし、大島選手の怪我などはあるようだが、誰が出てもチーム力が落ちない川崎さんとホームで対戦。

レッズは5試合で勝ち点5なので、もっと積み上げペースを加速していきたいところ。

スタメン

浦和レッズ vs 川崎フロンターレ 2021 6節

SUB:鈴木、田中、大久保、柴戸、阿部、武田、明本

ボランチに阿部選手ではなく金子選手。右SHには関根選手が入った。そのほかはいつもと同じメンバー。武藤選手がメンバーに入れないのかーって印象。

川崎さんは三苫選手と家永選手がSUB。うーむ恐ろしい。

前半

ワンタッチでポンポンとボールを動かし、中盤の川崎ディフェンスをかい潜るレッズ。ゴール前まではいけないものの、おや、と思わせるには十分なほどいつもと違う。

失っても出足が早く、すぐに奪い返す。

11分、西川選手のドンピシャロングキックを杉本選手が収め展開。山中選手が縦に抜けて、一斉に上がる攻撃メンバー。少しPA後ろ目にポジション取った杉本選手にクロスが届きそれをダイレクトボレー!しかしキーパーがナイスセーブ。かなりいいシーンだった。

ワンタッチで密集を前進していくシーンがいくつも。これは意識的なのか気になるが、失うシーンもあれど相手の脅威にはなってるのかなと思った。

川崎さんはボールを持ってもミスが多かったり、レッズのプレッシャーをかいくぐれず長いボールを蹴って弾かれたり、うまくいってない感じの前半。

しかし42分、山根選手のクロスをさすがの小林選手のそらすヘッドで決められてしまう。浦和も選手はいたが、相手の動きは鋭かった。ここのあたりがさすがというか、集中力の差というか。

いい流れだっただけに、痛い0−1での折り返しとなった。

後半

48分、レッズのパスをカットした川崎が素早く攻撃。レッズが戻るのも遅かったが、小林選手からダミアン選手へのクロスを素晴らしいトラップからゴール。0-2。

50分、ゆったりとしたパス回しからシミッチ選手が縦に鋭いパス。旗手選手が抜け出してまた抜きシュート。0-3。

続いて52分、中盤が空いて、サイドを振られ、最後は中央にポジション取った小林選手が押し込み4点目。

55分交代、伊藤(敦)—>阿部、汰木—>大久保、関根—>武田

67分、PA付近でクリアがうまくいかないうちに奪われてスーパーなミドルを決められ5失点目。0-5。

71分交代 小泉—>明本
88分交代 山中—>田中

そのままゴール前までに迫ることも難しく0-5で敗戦。

雑感

金子選手のボールを狩る能力はやっぱり凄かったし、小泉選手が前めで色々できるシーンもあった。

ワンタッチパスを駆使してみんなで前向き進められたシーンもあった。

相手の裏を狙う動きもちらほら見えたり、色々やってたのかも知れないけど、残念ながらゴールすることはできなかった。

隙を見せた際にそのまま失点してしまう悪い癖は残っているのが残念。ホーム埼スタだったわけで。

プロは結果が求められるので、監督・選手は思うところがあって欲しいし、厳しいこと言われてもおかしくない結果なので、次、違いを見せてほしい。

去年、こういう試合の後は修正して何がなんでも勝ちに行っていた。次はルヴァン杯の試合だけど、勝ちにこだわって戦って欲しい。頼む!

HOME

Pick Up Post

New Posts

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Category

PVアクセスランキング にほんブログ村