Urawa Reds Life

   

厳しい状況ながら戦い抜き、勝ち点1を得た。浦和レッズ vs 札幌【J1リーグ2021 第5節】

03/18/2021    Game
浦和レッズ vs コンサドーレ札幌

中2日で戦う浦和レッズと、前節が試合前中止で試合間隔が空いているコンサドーレ札幌との対戦。ホームで勝ち点3をって勢いに乗りたいところ。

スタメン

2021 5節 浦和レッズ vs 札幌 スタメン

SUB:鈴木、田中、伊藤(敦)、大久保、柴戸、武田、武藤

右SBは誰なのか、それとも3バックなのかざわついた試合前のスタメン発表。阿部選手が右SBだった。

守備時は関根選手が降りて5バック気味。 たしかにこうすると阿部選手が後ろにいた方がバランス良さそうで、実際持ち運んだりビルドアップのところだったり、さすがベテランなんでもできるなと言った印象だった。

対する札幌は中心メンバーも監督も去年とあまり変わらなくて、色々積み上げ中のレッズと比べるといろんなところで差があって苦しいなと思わされる試合だった。

試合

ピッチを広く使う札幌。レッズのボールを回収しては攻め立てて来る。GKの中野選手も上手くて、無理なパスを出して失うことがない。

レッズは大ピンチの連続。前後半通じて…

中央を固めるならサイドを崩すよ、といった感じでさすがのミシャさんサッカー。一体何回クロスを上げられ、コーナーキックを蹴られただろうか。また、奪ってショートカウンター!も鋭くて厳しい試合だった。

しかし最後は粘り強く守り抜きゴールはわらせない。

一方、レッズは左サイドからのクロスでゴール前で迫力を出すシーンはいくつか作れていた。杉本選手が2本くらいヘッドでおしいシーンがあったけど、1本でも決まっていれば…と言ったところだった。

大久保選手がゲットしたフリーキックを阿部選手が蹴ったシーンも悪くなかったし。

両者得点できず0-0の引き分け。

雑感

試合後のコメントを読むと、今日は割り切って蹴っ飛ばす作戦だった模様。無理してつながず、前線に預けるイメージだったのだろうか。

そう考えるとボランチに金子選手だったのも合点がいく。

中2日で厳しくて、強度高い札幌さんから勝ち点を奪うためにリアリスティックな作戦にでたリカルド監督。この辺は大槻監督に近いところも感じる。

ほとんど札幌ペースだったものの、あわよくば勝ち点3を取る可能性も作れたという意味では、作戦通りだったのだろうし、完成度にかなり差がある札幌さんとこのタイミングで戦って引き分けというのは悪くないという解釈はできるのかも。次の川崎戦を戦えば、しばらくリーグ戦の過密度は落ち着く(ルヴァンが多め)。戦う以上は川崎戦も勝ちに行って欲しいので、ぜひ過密日程最後の試合に何かまた作戦を練ってもらえたら、と期待。

さて、今日強く印象に残ったのは大久保選手。これが本来持ってるポテンシャルなのか、と思えた試合。多くの人の目にも留まった模様。

キレあるドリブルと前に仕掛けていく姿勢は埼スタが盛り上がるパターン。次もみたいなと強く思わせてくれるプレーだった。今後に期待したい。

そして杉本選手。連戦続く中でも今日も走りまくっていた。あとはゴールさえ取れれば、という状況なのでコンディション維持しながら活躍してもらえればと思う。

みなさま、お疲れ様でした。

HOME

Pick Up Post

New Posts

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Category

PVアクセスランキング にほんブログ村