Urawa Reds Life

   

決定機を決められれば…浦和レッズ vs サガン鳥栖【J1リーグ2021第2節】

03/06/2021    Game
浦和レッズ vs サガン鳥栖 アウェー

開幕戦でFC東京をホームに迎え、いいサッカーを展開するも勝ち点1を分け合った。ルヴァン杯はスタメン10人入れ替え、若手中心でのぞんで勝ち点1を取ってきた。

さてJリーグは第2節、アウェーでサガン鳥栖と対戦。ここらで勝ち点3を積み上げたいところ。もちろん内容はいいものを期待しつつ。。

スタメン

2021 第2節 浦和レッズ vs 鳥栖 スタメン

SUB:鈴木、金子、柴戸、武藤、大久保、明本、武田

基本はFC東京戦と同じだが、右SHだけ明本選手ではなく田中達也選手。田中達也選手の調子が良いか、彼のドリブルに期待してか。それとも次節明本選手が左SBのスタメンとかなのだろうか。気になるところ。

前半

プレッシャーをかけてくる鳥栖に対し、レッズはうまくボールを繋げない。一方、守備ではレッズは前でのプレッシャーがかからない。

また鳥栖はサイドを経由してレッズのDFラインの裏に入れてくるのが嫌な感じ。

6分、中央で小泉選手がうまく捌いて田中達也選手がドリブルで相手深くまで一人で運んだシーン、彼のスピード・ドリブルが活きたプレーだった。

7分、PA付近で相手のパスが手に当たってハンドを取られてしまう。PKかと思われたがVARでPA外からの直接FKに。こんな判定もあるのか…助かったが。

17分、再び相手のパスミスを自陣PAエリア前で奪ったら速攻で逆襲。汰木選手が運んでみんなが一気に運んでいく。しかし相手のDFが強くて堅い。

19分頃にも同じように汰木選手を縦に走らせたシーンがあった。

レッズが押し込まれてると思ってたけど、もしかしたらあえて前からプレスかけず鳥栖を引き込んでカウンターで仕留める作戦なのだろうか、と思った。そうすると田中達也選手がスタメンである理由も納得いく(明本選手も縦に走れると思うけど)。

しかし前半途中から鳥栖スペース。局面局面のバトルで勝てず、杉本選手も空中戦でなかなか苦しみ、ペースを掴めない。鳥栖が前向いてプレーする時間の方が多かった。

でも最後は粘り強く守り0-0で折り返し。

後半

45分、後半開始から田中選手に変わって明本選手がIN。

引き続き鳥栖さんはセカンドボールを拾いながら優位に試合を進める。

62分、23番本田選手がレッズの右サイドからPA内にドリブルで侵入し無理矢理シュート。それを西川選手が弾いたところを9番山下選手に詰められて先制されてしまう。

76分頃、汰木選手が前を向いて上手くPA内に侵入し、折り返しをゴール前フリーで杉本選手。しかしGKが明けたポジションにカバーに入ってた相手DFに当たって入らず。決定機だった。

77分、汰木—>武藤、小泉—>武田

81分、右サイドからクロスを再び山下選手に綺麗にヘッドで決められ2失点目。
その後は反撃を試みるもレッズはゴールを得ることはできず、0-2で敗戦となった。。

雑感

バチバチ感でいうと、このくらいはJ1ではよくあるので負けないでほしいところ。ああいうプレッシャーがある中で、どうやってボールを運んでいくのか、今後の改善に期待したい。

奪って素早く前にカウンター!は去年ずっと取り組んできたもので、起点が小泉選手だったり走るのがマルティノス選手じゃなくて田中選手だったり(汰木選手は引き続き)メンバーは変わってるけど、相手の脅威にはなっていた。やっぱりビルドアップのところで何かできるとさらに良くなるなぁというところ。

感覚的には鳥栖さんの方が上手くやってると思ったし、レッズはやりたいことをさせてもらえてなかったと思うので、決定力のところも含めて個人的には「ああ負けたなぁ」という感想。リカルド監督は勝ち点1を分け合うくらいだったというコメントのようだったけど。

杉本選手は2回、決定機があった。小泉選手のクロスをヘッドで合わせたシーン(合わせたというかクロスの精度が高かったというか…)、汰木選手が相手深いところまで切れ込んでマイナスのボールを送り、フリーでシュートチャンスがあったシーン。

こういうのを決めないと、チームは上がっていけない。興梠選手不在のなか、杉本選手にやってもらわないと困る。頼む。頼むー!

ここぞで決めた鳥栖さんは勝ち点3を積んだ。実力拮抗するJリーグで上位に入るには勝負強さが必要。1トップと攻撃的MFでどれくらい点が取れるようになるか、この辺がポイントになりそう。

連戦続くので、ここから流れに乗るために次節は勝利がほしい。よろしくお願いします!

HOME

Pick Up Post

New Posts

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Category

PVアクセスランキング にほんブログ村