Urawa Reds Life

   

手応えあり。浦和レッズ vs FC東京【J1リーグ2021第1節】

02/27/2021    Game
浦和レッズ vs FC東京 ホーム

いよいよ開幕する2021シーズン。

浦和レッズは監督がかわり、選手も大幅に入れ替わった。

相手を見て、最適なプレーを選択する。強敵FC東京相手に通用するか。守備が固く、カウンター鋭いFC東京とホームで対戦する。

スタメン

2021シーズン第1節 浦和レッズvs FC東京 スタメン

SUB: 鈴木、柴戸、金子、田中、伊藤(涼)、武田、武藤

伊藤(敦)選手がボランチで先発。期待されてることがよくわかる。

控えは中盤の選手ばかり。なかなか苦しい台所事情ということか、はたまた攻撃的交代しかしないぜ!って意思表示か。

前半

インテンシティ高めで入った前半。

レッズは前向きに、アグレッシブにプレーを続ける。ボールを失ってもすぐ前から追っかけて回収。

4分、相手にプレスをかけ、山中選手が鋭い出足でボールを奪い、縦につける。小泉選手が前向きにトラップしスルーパス、抜けでた杉本選手が前にはこんでゴールネットを揺らす。

しかしVARでオフサイドの判定。

ゴールは認められなかったが、ものすごくいいシーンだった。縦に早く、ゴールを奪いにいく。

攻撃時は小泉選手がかなり自由に動いてリンクマンに。

守備時は小泉選手が上がって4-4-2。

ゴールキックは後ろからつなぎたそうに見えたけど、相手のプレッシャーきつくてダメそうならロングキックを選択するなど、絶対に繋ぎたいってわけでもなく。相手を見ながらプレーしてる感じはわかったし、実際FC東京はやりにくそうだった。

点が取れなかったのが残念だったが、これを続けられたら…そんな期待感を持てた前半。

後半

後半25分は少し停滞という打開策がなかなか見出せないように見えた。それでも大ピンチがあるというわけでなく、堅いFC東京を崩せないというか。

でもサイド深くまでは運べるのでクロスを上げ、CKを獲得しながらチャンスを作る。

そしてついに29分阿部選手がゴール前混戦からゴール!

今日コーナーキックは8-9本くらいあったと思うけど、キッカーは山中選手だったり小泉選手だったり、サインプレーっぽいのもあればキックの質を変えていたり。攻撃はいろんな工夫してる模様。

しかし後半40分、FC東京のFKから森重選手に決められてしまい1-1。両者勝ち点1を分ける形となった。

レッズの交代:
小泉—>田中(後半30分)
阿部—>柴戸、汰木—>武田(後半42分)

雑感

すごく印象に残ったのは小泉選手。トレーニングマッチで出場してなかったのでじっくりみるのは今日が初めて。

プレーが基本チャレンジの選択というか。頻繁に前向きのトラップをトライしてた。奪われるシーンもあるんだけど、その後も前向きにチャレンジを続けていた。縦横無尽に動いて顔を出し、前にボールを、チームを動かしていく。

ただ後半少し落ちてしまったようにも見えたのと、FC東京も堅くてゴール前でのプレーはなかなか難しかったと思うけど、今後に期待したい。ゴールを特に。

さて、トップ下のポジションって誰が出てもこの役割を求めるのだろうか。他にできそうなのは武藤選手がまず思い浮かぶ、彼ならできるというか彼の得意なプレーかも。あとは伊藤(涼)選手も輝けそう。武田選手もここで勝負なのかな。期待したいのは組み立てもそうだけどやっぱりゴールなので、いいチーム内競走になるといいなと思う。

最後に一つ、安心したことがある。

2019年末に浦和レッズが考え抜いて掲げたサッカーを体現してた。浦和の責任という言葉がトップにありつつ、以下の方向を向いているかどうか。

1. 『個の能力を最大限に発揮する』
2. 姿勢として『前向き、積極的、情熱的なプレーをすること』
3. 『攻守に切れ目のない、相手を休ませないプレーをすること』

そして補足された「奪う、スピーディな展開、攻撃」。

浦和レッズの2020以降の強化体制とチームコンセプトについてメモ(主にトップチームについて)(2019.12.16)

今日の試合をみる限り、リカルド監督になってもこの方向に向かっていることが見て取れた。

攻撃でも見所が多いし、新しく入った選手も良い。今シーズンも楽しみに見れそう。

ただ、油断はいけない。去年も開幕後は勝ち点を調子よく積み上げられた。でも途中からすごく苦労した。今日もそもそも勝ちきれず勝ち点1にとどまっている。

ここからが勝負。

レッズの皆さんの活躍に期待!

HOME

Pick Up Post

New Posts

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Category

PVアクセスランキング にほんブログ村