Urawa Reds Life

   

悔しい、痛い敗戦。J1リーグ2020 第28節 浦和レッズ vs G大阪

11/22/2020    Game
浦和レッズ vs G大阪 ホーム ガンバ

久々に戻ってくるホーム埼スタ。

ここで勝ち、シーズンの目標達成の可能性をつなぎたいところ。

相手は2位ガンバ大阪。セットプレーなどで粘り強く勝ちきっているイメージがあるが、仙台さんにがっつり負けてしまったりということもあるらしい。

バチバチ戦って勝ち切れるか。

スタメン

2020 28節 浦和レッズ vs ガンバ大阪 スタメン

SUB:鈴木(彩)、宇賀神、岩波、エヴェルトン、武富、武藤、杉本

レオナルド選手と山中選手がスタメン復帰。大槻監督はかなり攻撃的なメンバーを選定してきた。ホームで点をとって勝とうじゃないか、という意思が出ていると感じた。

ガンバさんは中盤で効いていた井手口選手が不在。矢島選手と山本選手がボランチ。

前半

強度高めの試合の入り。ガンバさんはレッズのDFまで積極的にプレスにくる。緊張感高い試合の始まりだった。

山中選手の左足はかなり効いていて中盤の位置からのパスでチャンス多数演出。興梠選手が常に裏を狙っていて山中選手が前向いてボール持ったら動き出す、みたいな。

迫力ある攻撃ができていて、そこ繋がれば!といったところも多かった。

しかし前半途中からガンバペース。レッズはボールを奪ってすぐに前線へ送るもそれが繋がらなかったり、合わなかったりすることが多かった。
守備ばかりになっていったが、それでも集中力を切らしてなかったので、あまり失点しそうな雰囲気でもなく。

緊張感ある前半はあっという間に終了した。

後半

後半始まって3分ほど、ガンバが後方でミスしてレオナルド選手がパスをかっさらう。そのままPA内に侵入し中央へパス。そこに走り込んだ長澤選手がミドルシュートを打つもクロスバー….
惜しかった。

62分、コーナーキックを蹴ったのはマルティノス選手。一瞬DAZN画面外側に向かって蹴ったので、??となったが、そこで待ってたのは山中選手。
彼がそこからロングボールをPA内逆サイドにいるトーマス選手に届け、折り返し。詰めていたのは槙野選手!先制ゴール。

仕込まれたセットプレーだった。相手の目をあっちこっちに動かし見事な崩し。

ところが66分、レッズの右サイドに展開され、マルティノス選手も橋岡選手も少し遠くにいる状況。クロスを上げられ弾くもPA内で宇佐美選手に渡ってゴールを決められてしまう。

69分、レオナルド—>武藤、興梠—>杉本
78分、山中—>宇賀神

レッズは選手を交代し、再びブーストをかけようとする。

しかし81分、コーナーキックを綺麗に決められてしまって、1−2。今シーズンセットプレーの失点は少なかったのだが、ガンバさんの精度と決定力にやられてしまった。

84分、長澤—>エヴェルトン、汰木—>武富

最後はロングボール作戦で何かを起こそうとするも(一瞬何かが起きそうだったし)、ゴールは決められず1-2で敗戦。

痛すぎる敗戦となった。

雑感

さぁカウンター!ってところでミスが多かった。逆にここがスムースに毎回相手ゴール前に迫れるようになったら脅威だとは思う。ゴールが取れるようになれば、もっと勝ち点を積めるはず。今の戦い方自体に僕は悲観的ではなくて、あとはメンバーが揃ってきたり、各々のイメージがあってくれば一気に向上してくるんじゃないかと期待している。

奪ったら相手ゴールに向かってGo!というのは盛り上がるし、相手にとったら脅威でしかないと思うので続けてほしい。いつも横パスばっかり…ということにはならないサッカーになっている。

残念ながら今日のマルティノス選手は警戒されボールを奪われることが多かった。橋岡選手にパスを出さないのが読まれてたりするのかしら。わからんけど。
中央へのクロスもシュートにつながらないことも多く、うーむといったレッズの右サイド。

左サイドは山中選手の左足がかなり効いていた。前半興梠選手が抜け出たシーンとかで1点取れていれば、というところだった。セットプレーでの得点も含め、山中選手の攻撃力はやはり非常に魅力的。やはりこれをどう活かしていくか、だなと。

もう一つ、今日の長澤選手はすごかった。
相手を鋭く止める動き、自分で前に運ぶ推進力。ゴール前に突っ込んでいく迫力。中盤を支配していた感じ。しかし最後のところの精度やアイデアが…というシーンがあるので、そこの選択肢を前の選手が増やしてあげられるといいのかしら。個人で向上してもらえたら最高だけど。

いいところも見えていたし、チャンスはあっただけに悔しい敗戦。しかしシーズン通してみると今の位置にいるということは、これが現在の実力。

ただ、積み上げてきたものはあると思うし、戦える自信みたいなものは得られていると思うのでブレずに続けて欲しいなと思う。クオリティ高く個々の力で上回ってシンプルなカウンターを仕掛けたら相手は嫌だと思うので。

最後に。今シーズンはかなり厳しい状況になってしまったけど、上を目指して毎試合全力で勝ちに行ってほしい。次こそは勝利をお願いしたい。

HOME

Pick Up Post

New Posts

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Category