Urawa Reds Life

   

「前へ」の燃料は「自信」。J1リーグ2020 第24節 浦和レッズ vs セレッソ大阪

10/24/2020    Game
浦和レッズ vs セレッソ大阪 ホーム

連敗のあとに2勝1分で内容も結果も向上中の浦和レッズはリーグ2位のセレッソ大阪とホームで対戦。

守備が整備されているセレッソ相手にどのような試合を作ることができるのか。ほぼ同じメンバーで挑み、現在地を探るような試合になるだろう。

ACL圏内に入るためには絶対に負けられない戦い。

スタメン

スタメン 2020 24節 浦和レッズ vs C大阪

SUB:福島、トーマス、岩武、青木、伊藤(涼)、杉本、レオナルド

いい流れにあるレッズは同じスタメンがほぼ継続。唯一、累積警告で出場停止の宇賀神選手のところに山中選手が入ったくらい。

控えには関根選手も柏木選手も柴戸選手もいない。余程今回入ったメンバーの調子がいいと思われる。青木選手の復活は心強い。ボランチのスタメン争いはより激しくなるだろう。SHで仕掛けられるメンバーがいないのは、セレッソがきっとオープンな展開を作らないだろう、という予測だったのだろうか。

前半

序盤、レッズは前から追いかけるも、セレッソのDFラインからスペースにロングパスを通されてピンチ、というシーンが続く。

前半10分、中盤でこぼれたボールを速いパスで興梠選手につけピタッとトラップ。そこから複数選手がダッシュでゴールに向かうシーンが作れた。レッズはカウンターの刃を研ぎ澄まし得点を狙う。

その後はレッズペース。ボールを失っても高い位置で奪い直し厚みある攻撃を繰り返す。

気になったのは、ゴールキックで橋岡選手が珍しく何度も競り負けていたこと。それでもそこに届けようとしていた。

28分、そんなシーンでGKをはじき返されそのまま豊川選手が岩波選手に競り勝ちゴールを決める。セレッソに一番やってはいけない先制点。。

その後、ゴールキックを必ずしも橋岡選手に競らせなかったので、色々考えてプレーしているのはわかった。

セレッソに先制され厳しい展開を覚悟した矢先、34分、長澤選手が中盤でパスカット。それを繋いで武藤選手がスルーパス。最後は縦に入った汰木選手がゴール前にドリブルで進入。相手の足が引っかかりPK!

それを興梠選手が決めて同点。

その後セレッソにチャンス多いも次に決めたのはレッズ。前半44分。

ボールを奪ってから中央にクロス、弾かれたところを山中選手が拾ってミドル。相手に当たって2点目!

やっぱりシュートは打ってみないとね、ということがよくわかった一本だった。山中選手はあのくらいはシュートレンジなのが大きい。チームとしてもうまく活用できていたと思う。

後半

セレッソが攻め続け、レッズは苦し紛れのクリアを相手に拾われる展開が続く。
それでもなんとか耐えて攻撃のチャンスを伺う。

13分、橋岡選手のクロスに相手CBの間を抜けフリーになった武藤選手のヘッド。フリーだったが枠を捉えられず。前節だったか最近武藤選手はフリーのヘッドを決められないのでヘッドのシュート練習をもっと!と思った人も多いだろう。

しかし引き続き後半はセレッソペース。強度で五分五分のところ、勢いを持ってレッズゴールに迫るシーンも多かった。しかし最後のところを槙野選手や西川選手を中心に守る展開。

69分、興梠—>杉本、武藤—>レオナルド

そんな展開でも追加点は浦和レッズ。71分、汰木選手がゴールライン際をドリブルで抜け中央へ。レオナルド選手がフェイントから強烈なシュートをうち弾いたところをマルティノス選手が押し込んで追加点!

今日も汰木選手がかなり良かった。試合終盤までドリブルで仕掛けていく姿勢がかなり相手に脅威を与えていた。

84分、マルティノス—>青木
95分、山中—>岩武、汰木—>伊藤

そのまま試合は終了し3-1で勝利。
勝ち点を40に乗せ、得失点差も-1のところまできた。

雑感

今日印象に残ったのは、ボールを持ったらガンガン縦に仕掛ける両サイドハーフ、汰木選手とマルティノス選手。相手もケアするので2-3人つくが、一回前にボールを運ぼうとする。無理なら戻すけど、グッと前に仕掛けてチャンスを作るシーンも多数。これがかなり良かった。得点にもつながっている。

どんどん仕掛けて欲しい。それが見たい。

あとは強度の高い守備。終始強さを弱めることはしなかった。
坂本選手には山中選手だけにはせずサポートを入れ、前回のようには崩させなかった。

長澤選手は清武選手にバチバチといき、長澤選手以外もしつこく当たっていた。エヴェルトン選手も良い。

槙野選手はやっぱり強くて、尽く相手を潰していた。

セレッソにもチャンスはあったし、どう転ぶかわからない試合だったけど、レッズは以前と比べ明らかに仕掛けの数とゴール前に入っていく回数が増えており、何回かやってもそれなりの回数勝てるんじゃないかと思わせてくれる展開だった。

大槻監督は試合後「自信を持って」ということを繰り返していた。まだまだもっと自信を持っていい、と。

前への推進力、相手のボールを奪いにいくアタック、ここぞで駆け上がるかどうか、これらは自信が燃料になっているのかも。

これは大きなものを得つつあるかも知れない。「自信」をより強固なものにできるよう、連勝継続していいサイクルを生み出していきたい。

ここ2-3年で、一番希望に溢れているかも知れない。あー、次の試合早く来ないかしら!

HOME

Pick Up Post

New Posts

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Category