Urawa Reds Life

   

縦に速い攻撃とショートカウンターで6得点!J1リーグ第23節 浦和レッズ vs ベガルタ仙台

10/18/2020    Game
Jリーグ ホーム 浦和レッズvs ベガルタ仙台

ホームで連敗ののち、アウェーで1勝1分内容は徐々に向上、という流れで来ている浦和レッズ。

ホームで相性抜群のベガルタ仙台と対戦する。

ここで内容も結果も素晴らしいものを見せることができれば、監督・選手達の自信も深まる上にサポーターの心も掴むことができるかもしれない。

とても重要な試合になる。

スタメン

2020 23節 浦和レッズ vs 仙台 スタメン

SUB: 福島、山中、柏木、柴戸、関根、レオナルド、杉本

スタメンは全く同じメンバーで臨む。

柏戦はかなりうまく行っていたので、そのままいい感触を持ちながら連携も深めてほしい。

前半

マルティノス選手が単機突破を図ったり、クロスを入れたり、チャンスを作りつつある入り。悪くない感触で入れたと思う。

そして前半8分。相手に一度渡ったボールをすぐさま高い位置で橋岡選手が取り返し、再度攻撃へ。レッズの左サイドに展開して武藤選手・興梠選手・汰木選手・長澤選手の関係で相手を崩す。最後はスルスルとPA内に侵入していた長澤選手がゴール!

厚みのあるいい攻撃だった。

21分、西川選手が一発裏へ走る汰木選手へ合わせてGKと1対1を作る。しかし相手GKがボールに触れ流れてしまう。

しかし攻撃はとにかくスピードというコンセプトに合う素晴らしいプレーだった。ゴールにはならなかったけど、これだ!と心に思いながらお尻が浮きそうになったシーン。

続いて35分、高い位置でマルティノス選手が素早い動きで相手からボールをかっさらう。エヴェルトン選手が受けて相手に倒される。そうやって得たフリーキックをマルティノス選手が素晴らしいキックでゴール!2点目。

続いて37分、汰木選手が中盤でボール奪取しすぐに縦に走る興梠選手へ。GKを交わした興梠選手が倒されてPK!

それを冷静に決めて3点目!

3-0で前半を折り返す。

後半

後半6分、汰木選手のクロスから興梠選手がヘッド。興梠選手は流石の動き出しで今季7点目。二桁得点も見えてきた。

後半8分、興梠—>レオナルド、宇賀神—>山中

後半22分、PA内でわちゃわちゃしたところからマルティノス選手が縦にスピード持って突入。中央にクロスし冷静にシュートを決めたのはレオナルド選手!

こういう展開なら彼は本当にゴールを決める確率が高い。

後半24分、武藤—>杉本、エヴェルトン—>柴戸
後半32分、マルティノス—>関根

後半41分。自陣GKからつないで右サイドを攻略。橋岡選手が縦に走り、レッズのメンバーが相手ゴールに向かって迫る。橋岡選手のクロスをレオナルド選手がスーパーなトラップでシュートを打てる位置にボールを置き、見事に追加点。

後半終了間際でもみんなこんなに走れるのかー、と嬉しくなるばかり。最高のゴールだった。

危ないシーンもあったけど、なんとか守り抜き、6-0でそのまま勝利した。

雑感

6得点したけど、他にも決定的なシーンがあった(レオナルド選手のポストに当たったシュートとか)。

実はボール保持率は浦和40%で仙台60%。シュート数もそんなに違いがない。でも試合は浦和が支配していた。

ボールを奪ったら縦に速く。相手が整う前に崩す。
相手がボールを持っていたら高い位置で奪ってショートカウンター。
うまくいかなくても自陣で踏ん張ってカウンターのチャンスを伺う。

縦に選手が複数人別レーンを駆け上がってしくシーンは圧巻。迫力。

スタジアムを沸かせるサッカーが仕上がってきた。

浦和レッズが2019年末に掲げたチームコンセプト。それがいよいよピッチで表現されつつある。1、2試合で満足してはいけない。これがずっと続いてこそクラブとしてのアイデンティティになる。

それでも昨年の残留争いから苦節1年。やっと心躍るというか、これまで応援してきたクラブのやりたいことが現実になってきたのはとても嬉しい。

ぜひこの勢いを維持して、次のセレッソ戦も勝利し、これが一過性でないことを証明したい。

個人的に素晴らしかった選手はたくさんいたけれど、印象に残ったのは長澤選手。前節も素晴らしかった。あの前進するパワーはチーム1番。大槻監督にもその実力が認められている。ボランチでの出場はけが人が多かったからかなと思うけど、ここにきてポジションを奪いつつある。

マルティノス選手も汰木選手もここにきて躍動しているし、武藤選手と興梠選手もいい。エヴェルトン選手も出色の出来。DFラインは安定している。西川選手もミスがほとんどなく、むしろ素晴らしいロングフィードで攻撃にまで貢献。

チームが迷いなくまとまってきた感じがある。ぜひこれを維持して、シーズン終盤を駆け抜けたい。昨年度の勝ち点37に24試合消化時点で並んだ。

あと10試合。ここからの積み上げに期待、大!

HOME

Pick Up Post

New Posts

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Category