Urawa Reds Life

   

厳しい日程を乗り切ってアウェーで勝利! J1リーグ第18節 浦和レッズ vs 清水エスパルス

09/23/2020    Game
Jリーグ 清水エスパルス

後半戦の始まり。

清水エスパルスはなかなか勝てない日々が続いていたようだが、前節3-0で勝利しホームで勢いに乗ってくる。

一方の浦和レッズは川崎フロンターレに敗れ、連敗は絶対に避けたい一戦。

清水は中3日、レッズは中2日。厳しい状況でもアウェーで勝利を掴めるか。

スタメン

18節 浦和レッズ vs 清水エスパルス

SUB:鈴木(彩)、宇賀神、エヴェルトン、マルティノス、関根、武富、杉本

中2日&中2日で3試合戦うので、メンバーを大幅に変えると予想したが(次節の浦和レッズの予想スタメン【vs 清水エスパルス J1リーグ2020 第18節】)、結構外れた。

特にDFラインは山中-槙野-岩波ラインまで3人は連戦。しかも控えにCBがいないためフル出場のつもりで戦うことになる。

攻撃陣はある程度のメンバー変更があり、レオナルド選手のみ連戦スタメン。

ボランチに青木選手がいないのが気になった。ケガだろうか、次は出れることを祈る。

柴戸選手は中二日でも12kmくらい走っちゃいそう。

DFに鈴木大輔選手もいないのは何かあったのかも気になるところ。宇賀神選手の復活は心強い。

前半

ボールホルダーへの寄せが速い清水。レッズはすぐにボールを失ってしまう。

それ以前にレッズはそもそもパスがずれまくる。

興梠選手が降りて組み立てようとするもどうにもうまくいかない。興梠選手もうまくつなげず。

しかし前半21分、全然攻撃うまくいってないのに、コーナーキックのこぼれ球を山中選手がスーパーミドルで先制!

その後レッズが押し込む時間もあったものの、清水の方が攻撃をつなぎながら敵陣に入っていて終始清水ペースという感じだった。

1-0で折り返し。

後半

清水ペースは変わらず。

レッズは汰木選手が裏に抜けたシーンが二つほど。しかしゴールできず。

ところが我慢しているといいことがあるもので、後半14分、中盤でボールを得てから長澤選手が素早く相手の裏スペースへスルーパス。抜け出したレオナルド選手が相手を引きつけて後ろから来る興梠選手へ冷静に横パス、そしてゴール!

レオナルド選手は点が欲しかったはずだけど、冷静に確実にゴールできるルートを選択。ゴール前のクオリティは本当にすごいなと思う。

後半22分、武藤—>マルティノス、汰木—>関根

2点とってからか、清水も点を取るために前がかりになる。レッズも相手ゴールシーンに迫る数も増え、オープンな展開に。

後半30分 興梠—>武富、レオナルド—>杉本

今日も杉本選手がキープしたり運んだりさばいたりと非常に効いていて、リードしてるときの役割というにはもったいないけど、非常に貴重な選手であること改めて示してたと思う。次はゴールを決めて欲しい。

マルティノス選手はスペースが有れば活きるので、きっと役割があったのかなと。

後半42分、長澤—>エヴェルトン

アディショナルタイム、サイドから入れられたボールをあっさりティーラシン選手に決められて2-1となるも逃げ切って勝利。

アウェーで勝ち点3を獲得。勝ち点を30(9勝3分6敗)にのせた。なお得失点差は-6。

雑感

中2日での試合だったものの、柴戸選手はキレが失われてなかったし、岩波選手と槙野選手はしっかりゴールを守ってくれたし、レオナルド選手も結構走っていたし。苦しい試合だったけどアウェーで勝ち点3を獲得することができた。

この日程においてはあんまり贅沢も言えないと思うので、とにかく勝ち点を積みながら改善してって欲しいなと思う。

しかし大槻監督、最近左SBに山中選手を使い、今日は勝っててもマルティノス選手を投入し、川崎戦では柏木選手を先発起用。「ボールを奪う守備」を考えたらきっと起用する選手が違うと思うけど、「攻撃力」に気持ちを振り切ったように思える。
そういえば札幌戦もオープンな展開を良しとしていたように思える采配だったし。

川崎戦の前半の入りはとても上手く入っていたので、まぁ考えすぎか。。。

先制点を取れるとかなり有利に試合を進められるサッカーになるので、先手必勝でゴールをどんどん狙ってもらえればと思う。

さて、次はまた中2日で土曜日に横浜FC戦です。回復する日数が少ないですが頑張りましょう!

HOME

Pick Up Post

New Posts

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Category