Urawa Reds Life

   

組織力も個の力も負けてしまった印象。J1リーグ2020第14節 浦和レッズ vs セレッソ大阪

09/05/2020    Game
ルヴァン セレッソ vs 浦和レッズ

アウェーで戦うセレッソ戦。整備された守備で失点が少なく、現在リーグ2位の相手。相手を崩すことはなかなか難しく、セットプレーが重要になると大槻監督がコメントしたとか。

セレッソ大阪はルヴァン杯を勝ち進んでいるのもあり過密日程中。一方の浦和レッズは中5日で迎えるこの試合。

逆の立場で試合をした8月の浦和vsG大阪は、過密日程真っ只中にあったレッズが、久々の試合となったG大阪に勝利した。ということで、その辺りは決して参考にはならない。

しかし、少なくとも走り負けることだけはないようにぜひ頑張ってもらいたい、そしてアウェーで勝ち点3を獲得して上位進出を狙ってほしい一戦。

スタメン

14節 浦和レッズ vs セレッソ大阪 スタメン

SUB:鈴木(彩)、岩武、岩波、青木、武藤、汰木、杉本

浦和レッズは前節と同じスタメン。コンディションが整えば、一番大槻監督のやりたいことを表現できるメンバーなんだと思う。

セレッソは清武選手と柿谷選手が同時先発というのは珍しいらしい。FW陣のコンディションが良くなかったりするのだろうか。都倉選手はこちらとしてはあまりいい記憶がないので、厄介なFW選定だなという印象。トミー・槙野コンビでつぶせるか。

前半

双方あまり前から追いかけ回さず、相手にスペースを与えないようなイメージ。
でもどちらにもシュートチャンスはあった。

レッズは一瞬の隙があれば相手のCBとSBの裏を狙う。そこにミドル・ロングボールをつける。

レオナルド選手も興梠選手も関根選手も狙って動いていて、みんながそこをみていたように思う。トレーニングして狙っていたのかなというのがわかる攻撃があった。

きっと狙い通りの試合展開だったのかなと思う。両者失点は0、ただし決定的な決定機はない、そんな感じだった。

後半

後半開始すぐ、レッズの左サイドでもたれてファーへクロス、それを都倉選手に決められ先制されてしまう。失点シーンはいつものパターンというか、ここはどうしたら防げるのだろうか…

2失点目もレッズの左サイドで仕掛けられ、完全に崩され中に入れられたボールがオウンゴールとなってしまったもの。

<交代>
後半18分 関根—>武藤
後半28分 興梠—>杉本、長澤—>汰木
後半35分 エヴェルトン—>青木、橋岡—>岩武

後半アディショナルタイム、相手のクリアボールを西川選手と岩武選手でケアするものの中途半端なプレーで奪われて3失点目。

得失点差-3のダメージとともに勝ち点0でアウェーセレッソ戦を終えることとなった。

雑感

残念ながら得点の匂いみたいなものはしなかった。セレッソが堅いことは分かっていたし、だからこそ守備を意識しつつロースコアで勝負するという感じだったと思う。

個の力で上回って得点することをしたかったけど、どっちかというとやられてしまった側。もちろん所々でバトルして戦っていたし、全部が全部負けてたわけじゃないけれど、大事なところでやられてしまったし、カウンターもうまく潰されてしまったし、相手の方が上手だったと思う。

うむ…力の差で負けたのかなという印象。

そしてやっぱり先制されるとよりどころがないというか、バラバラになってしまうというか、まだまだこれからのチームなんだなとなってしまう。

ところでコーナーキックの回数はあったのにいつも弾かれちゃうのはなんでなんだろう。昔は柏木選手のコーナーからの得点が結構あったのに、何が違うのかとても気になる。空中戦に強い選手はたくさんいるのだけれど。

さて、次は水曜日にホームで鳥栖と試合。
おそらく同じスタメンでは戦わないであろう。ラッキーボーイが現れることを祈りつつ、月曜日と火曜日を過ごしたいと思う。

HOME

Pick Up Post

New Posts

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Category