Urawa Reds Life

   

勝ったのは浦和レッズ。逆転勝利で勝ち点3。J1リーグ 第13節 浦和レッズ vs 大分トリニータ

08/30/2020    Game
浦和レッズ vs 大分

素晴らしいサッカーを展開することで有名な、去年のリーグ戦では勝つことが出来なかった相手、大分トリニータ。

現在レッズは12試合で勝ち点20、上位に残るためにはここらでまた連勝していかないといけない。

今年の大槻監督はどのような戦術で勝負を挑むだろうか。

前からプレッシングするのか、GKと受け手に対してどのような対処をするのか、楽しみな一戦。

スタメン

13節 浦和レッズ vs 大分トリニータ スタメン

SUB: 鈴木(彩)、岩武、岩波、青木、汰木、武藤、杉本

先週いいプレーを見せていた宇賀神選手はメンバー入りせず。どこか調子が悪いのだろうか。

前半

レッズは後ろでこもらず(当たり前か…)、前からボールを奪いにいくスタイルで試合を戦った。しかし。

前半9分、大分に左サイド(浦和の右)へ展開され、長澤選手が戻りきれず、橋岡選手も選択をせまられ、クロスからつながれてファーに走りこむ三平選手決められてしまう。

もはやここはリスクとしてずっとあるところで、見ていて「ああ狙われてそのうちの一本がまた待ってしまったか」という感想だった。そして、ここから逆転してくれよ、と。

レッズの攻撃はボールを繋ぎながら縦パスを狙う。何度もチャレンジして、時には失敗するけど、ゴール前でシュートを打つところまで持っていけていた。

30分、槙野選手のパスを興梠選手がワンタッチでレオナルド選手にすらし、サイドへ展開し、橋岡選手がクロス。

続いてPA外から山中選手がフリーキック。それを橋岡選手がヘッドで少しコースを変えて逆転ゴール!

そのまま2-1で前半を折り返し。

後半

大分両サイドのところが開けてあるのと、そこにパスを通させてしまうのとで、クロスを入れられ、フリーでシュートを打たれるなどピンチ多数。

しかし途中までゴールを狙っていたのか、4-4-2の守り方は変えず。

交代:
後半15分 興梠 —> 杉本
後半25分 長澤 —> 武藤、関根—>汰木
後半35分 山中—> 岩武、デン—> 岩波

後半35分の交代あたり?から汰木選手もかなり下がり気味に守るようになり、また杉本選手にも中盤に降りなさいという指示があった模様で、守備一辺倒になるも2-1での逆転勝利。

7勝2分4敗で勝ち点を23の伸ばした。

雑感

最後のところの精度が相手にあったらやられてたかなと思う一方、チームとしては集中を切らさず最後まで守ろうとして、守りきったので僕はそこは今日はまぁいいと思う派。いや、決して良くはないんだけど、勝ち点3を取ることが全てというか。ま、レオナルド選手と興梠選手が相手にいたら何点取られてたかなというところか…

大槻監督はこれでいいと思っているはずがないし、戦術的なところはこれからつめて欲しいけど、勝ち点3取りながらやっていくのがベスト。去年ダブルやられた大分さんに勝ったので一息つけたというか。これまで先に失点すると崩れて大量失点みたいな試合展開が複数あったけど、今日の試合はすぐに2点取り返して逆転勝利したわけなので。次のセレッソ戦、どんな試合を見せられるか。

負け始めたらあれだけど、今はゴールも毎試合取れつつあるし、少しずつクオリティを上げてもらえればいいなと思う。

関根選手がゴール前に迫ったプレーとか、安易にファールをもらいにいかずにシュートまで行っていて、ああいう気持ちを観れるとスタジアムは盛り上がると思うので、これからもよろしくお願いしたい。

おそらく5バック的な守り方をすればもっと安定したと思うけど、攻撃に力を残すために4-4-2維持だったと思う。でもなかなか攻撃のところがうまくいかず、守備でやられる場面の方が目立ってしまう。「奪って速攻!」でみんなが走って相手ゴールに迫るシーンも少なかったし。この蒸し暑さじゃやっぱり厳しいんだろうか…秋が早くくるといいなと。

岩武選手が左サイドに入って守備だけじゃなくカットイン気味に入ってミドルを打ったシーンは印象的だった。これは、今後左サイドのオプションが広がったか、的な感じ。これまで出場機会が少なかった選手がいいプレーを見せることは重要。期待大。

暑い中、皆様お疲れ様でした。

HOME

Pick Up Post

New Posts

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Category