Urawa Reds Life

   

ミスを逃さなかったレッズ。勝つために徹底して勝ち点3を獲得。J1リーグ2020 第11節 浦和レッズ vs G大阪

08/19/2020    Game
Jリーグ アウェイ vs ガンバ大阪

上位同士で戦うことができるアウェーG大阪戦、ここを勝ち切って上位に食い込んでいきたいところ。

スタメン

11節 浦和レッズ vs G大阪 スタメン

SUB: 鈴木(彩)、山中、岩波、柴戸、汰木、杉本、興梠

中3日だが、連戦を戦うメンバーも多いスタメンとなった。興梠選手がようやくサブにメンバー入り。頼もしいエースが帰ってきた。

前半

武藤選手が引き付けて裏に走る長澤選手へ出たシーン、高い位置でボールを追ってレオナルド選手がパスミスを奪って、そこから長澤選手が決定機を迎えたシーン、選手が走って相手ゴールに向かういいプレーが立て続けにあった。

お、これは、と思わされる立ち上がりだった。

前半24分、中央に入った関根選手に鋭いパスが入り、そこからサイドに流れていたレオナルド選手へ。それを冷静にレオナルド選手が関根選手にパス、それを関根選手が決めて先制!

続いて34分、相手のミスを逃さずPA内に侵入。そこでハンドがあったとのことでレッズにPKが与えられる。みている側からすると流してもらってもゴールが決まってたので??となったけど、それを冷静にレオナルド選手が決めて2-0。

その後、前半終了までボールを冷静に回し続け時間を使う展開も落ち着いていて、みんな精神的にも落ち着いてプレーできていることが見て取れた。

後半

4-4-2に変更してきたガンバ大阪。レッズは引き続き4-4-2でコンパクトに守る。

後半12分、ガンバのパスミスを長澤選手が素早くスペースへダイレクトパス、それを武藤選手が見事に決めてショートカウンターを決めて3点目!

相手のミスが重なったところを逃さない決定力、久々にこんなシーンを見れた気がする。

後半15分、ガンバのCKから井手口選手が強烈なミドルを決めて3-1。。

後半19分の交代、関根—>汰木、武藤—>杉本。決まっていた交代なのかなと言う印象。後半22分、エヴェルトン—>柴戸という交代も予定通りだったのかなとみていた。

後半34分の交代、レオナルド—>岩波。これは意外だった。ここでレッズは5-4-1となる。カウンター時は途中交代の汰木選手と杉本選手が走る。

時間を使い、徹底的に相手のロングボールを弾き返し、決定的な場面もあまり作らせない。

最後まで守り切り3-1で勝利。勝ち点を20に乗せた。

雑感

前半、相手GKからのスタートではプレッシングでミスを誘っていた。実際そこからのチャンスはいくつかあった。またあれでガンバのリズムが崩れたような気がした。相手のミスを逃さず得点できたのは大きい。

サイドはある程度ボールを渡してもいい、的な感じで守っているように見えた。場合によってはSBが上がって対応もしてたと思う。その代わりSHの選手が広島戦のときほど張り付けにならなかったので、前に重心を置けたのだろうか。この辺りは詳しい人の解説を楽しみに待ちたい。

後半途中まで、コンパクトな4-4-2を維持して守れてたと思ったけど、まさかの2点差で5-4-1に移行。徹底的に守り切る姿勢を見せてアウェーで勝ち点3を取り切った。

槙野選手とデン選手と橋岡選手がことごとく負けずに競れてたのも大きかったと思う。相手が強烈なFWでも、十分にやれることを示してくれた。あれがあるから守りきろうという作戦に出れる。広島戦で得た自信は大きかったのかもしれない。

「勝つためだ」そんな声が聞こえてきそうな、最後の戦いぶりだった。

次節はホームで神戸戦、とても楽しみな週末になった。

暑い中、素晴らしいプレーを継続してくれた浦和レッズの皆さん、お疲れ様でした!

HOME

Pick Up Post

New Posts

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Category