Urawa Reds Life

   

90分、勝つために集中して戦うということ。J1リーグ2020 第10節 浦和レッズ vs 広島

08/15/2020    Game
浦和レッズ vs サンフレッチェ広島

サッカーは本当に難しいスポーツ。一つ崩れてしまうと大量失点するケースもある一方、何かが噛み合うと別のチームのように振る舞い勝ち始めることもある。

前節2-6で敗戦したレッズは強敵広島に対し、どのようなプレーを見せるだろうか。

スタメン

10節 広島戦 浦和レッズ スタメン

SUB:鈴木(彩)、山中、岩波、青木、柏木、武富、杉本

いつも山中選手だった左SBに宇賀神選手が入った。ルヴァンで十分やれるところを証明した宇賀神選手、リーグ戦での活躍も期待される。

2トップはレオナルド選手と武藤選手、コンビネーションを向上させてゴールを量産して欲しい。

前半

前半早々、カウンターから裏を走る汰木選手へレオナルド選手がスルーパス。汰木選手がPA内に侵入しPKを獲得。
それをレオナルド選手が冷静に決めて先制!

そこからは守備の時間が続く。

右サイドはワイドに開く広島左サイドの柏選手を関根選手がケア。
森島選手は橋岡選手がケア。
SBとCBの間に入られてもボランチの柴戸選手がカバー。

右に柴戸選手を置いたのは狙いがあったと思われる。

柏選手が高い位置にいるときは5-3-2のような形で守る。

危ないシーンもあったが、最後のところで守って1-0で折り返し。

後半

広島が攻め、浦和が守る。

これが続く。

後半18分の交替、武藤—>武富、レオナルド—>杉本。
途中交代したレオナルド選手は怒ってたけど、高さがあってキープが上手い杉本選手を入れるというのは理にかなってたように思う。
これで逆転でもされたら全員レオナルド選手に激怒されるだろうなぁって感じのシーンだった。

後半29分、汰木選手に変えて岩波選手を入れる。
橋岡、岩波選手、デン、槙野、宇賀神の5バック。関根、柴戸、エヴェルトン、武富のMF、杉本選手の1トップ。

後半44分の交代、宇賀神—>青木。

最後まで守り切って1-0で勝利。

蒸し暑さの中、勝ち点3を手に入れた。

雑感

前から相手にプレッシングして、という選択をしなかった浦和レッズ。

かなり早い時間に先制したので、ゲーム的にはかなり守備的になったように思う。

でも90分集中して守る決意は見て取れた。
そして最後まで守りきった。

前節6失点して、絶対失点しないんだ、という気持ちがあったと思う。
それを実行した。

否定的な意見も多いかもしれないが、僕は選手たちは今日の勝利で前節で一度切れかかった気持ちを取り戻せたと思う。

守ろうと思えば守れるんだ、という気持ちを持てることは大事。
ここからまた流れを作っていけたらいいなと思う。

攻撃の部分は全然だったので、これからどうするの?ということはあるけれど、次のガンバ戦でそこは見たい。僕は汰木選手の仕掛ける姿を見れたのが嬉しかった。次からもあの姿勢をよろしく頼む。

今日は守り切った選手たちに拍手。特に西川選手は素晴らしかった。

もちろん他の選手たちも体を張って守っていた。宇賀神選手もやはり頼りになる。

みなさん、お疲れ様でした!

HOME

Pick Up Post

New Posts

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Category