Urawa Reds Life

   

やりたいことはできてたと思うけど、得点しないと勝てないという話。ルヴァン杯第2節 浦和レッズ vs セレッソ大阪

08/05/2020    Game
ルヴァン セレッソ vs 浦和レッズ

グループリーグリーグ突破には勝ちたい試合。

次の試合を中2日で控える中、どのようなメンバーでどのような試合をするだろうか。

スタメン

ルヴァン杯 スタメン 浦和レッズ vs セレッソ大阪

SUB:鈴木(彩)、鈴木(大)、荻原、青木、武田、伊藤、杉本

GKに福島選手が入った。両サイドバックは変更で宇賀神、岩武コンビ。

普段出てないメンバーがどこまでいいプレーをできるかがポイントとなりそうな試合。

前半

前からプレッシングするレッズ。夏でもこれをやり続けるのかー!と思ったが、これがうまくハマって中盤でボールを奪う回数が多い。セレッソに攻撃させず、レッズが相手ゴールに迫るシーンをたくさん見ることができた。

しかし得点には至らず0-0で前半終了。

印象に残ったのは…

武藤選手の間で受けて前を向くプレー。彼の強み。
福島選手の低い弾道のミドルパス。勇気ある相手の間を通すパスと、リスクを取らずロングパスを蹴る判断の安心感。
岩武選手の高い位置での関わり
宇賀神選手の卒なく対応できる安定感はさすが。

そして何より柴戸選手。ボールを奪う回数が多い上に、そこから攻撃につなげるシーンも多い。今日はダイレクトプレーをいくつか見せていて、奪う前の準備ってどこまでやってるんだろうという疑問がわいた。本当に凄いので、ぜひ注目して見てほしい選手。

後半

基本戦い方は変えない浦和レッズ。セレッソからボールを奪ってショートカウンターがきいていた。

しかし後半37分、こういう展開でよくある、相手に一発決められて先制されてしまうパターン。

その後どういう試合をするのかなーと見ていたが、引き続き前から追いかけてボールを回収しに行った。セレッソも上手いが、レッズもボールは奪えていた。試合終了まで厳しい中選手は走っていた。でもゴールは奪えなかった。

そのまま0-1で敗戦。判定勝ちがあるなら勝ててたかもしれないけど、サッカーはゴールを奪った回数が多い方が勝つゲーム。

セレッソはやはり手強い相手だった。

交代

後半12分 武藤 杉本
後半31分 長澤—>武田、レオナルド—>伊藤
後半40分 エヴェルトン—>青木、宇賀神—>荻原

雑感

出る選手が変わってもやりたいことができていたと思う。

でも点が取れなかった。

90分通して走れていたし、決して悪い試合だとは思わなかった。大槻監督が授けるタスクがうまくハマっていて、その通りに動けばボールを奪って攻撃できる、だから前向きな気持ちでもっと走れる、そんな好循環もあるのかなと思ってみていた。

このサッカーで相手を圧倒して、守備時も主体的にプレーして相手のボールを奪ってゴールを取る。そんなイメージは持てた。

これをシーズン通じて行うのだろうか、今後がとても楽しみではある。

次は中二日で名古屋戦、頑張りましょう!

HOME

Pick Up Post

New Posts

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Category