Urawa Reds Life

   

もったいなかったが、次に期待しよう。J1リーグ2020第8節 浦和レッズ vs 清水エスパルス

08/02/2020    Game
浦和レッズ vs 清水エスパルス

前節初勝利をあげた清水エスパルス。今季はボールをつないでくるとの噂。

浦和レッズは連勝で勢いをつけたい。

スタメン

スタメン 2020第8節 浦和レッズ vs 清水エスパルス

Sub:福島、鈴木(大)、荻原、柴戸、武藤、武富、伊藤

浦和レッズは前節勝利したメンバーが中心。
サイドハーフは柏木選手が外れ、汰木選手。
CBは鈴木選手のところに怪我から復帰のトーマス・デン選手。

FWは怪我の影響か、興梠選手がメンバー外。レオナルド選手と杉本選手の2トップとなった。

前半

清水エスパルスの攻撃を受ける形となった浦和レッズ。

サイド攻撃でえぐられ何度も深いところに侵入される。

相手CKは10本(前半だけで)。しかし最後のところはやらせず0−0で前半を凌ぐ。

後半

得点シーン、レオナルド選手が相手GKにプレッシング。そこからのパスの行き先に関根選手が詰めてノーファールでマイボールに。素早くスローインからボールが行ったり来たり。レオナルド選手がゴール前で冷静にキーパーの逆を突いて先制!

前から追いかけてボールを奪って素早い攻撃。そして最後のクオリティの高さ。これが表現できるようになってきたのは嬉しいところ。

しかし、後半41分、清水の攻撃がついにゴールまで繋がってしまう。失点パターンはいつものサイドからクロスを入れられてファーサイドでヘッドを決められてしまうというもの。

防げた可能性はあるけれど、今日はあれだけ攻められていたので、そのうちの1つが決まってしまった、というふうに僕は見ました。追加点が取れなかったのが勝てなかった理由かなと。

1-1の同点で試合終了。

選手交代

後半0分 青木—>柴戸
後半20分 汰木—>荻原
後半36分 関根—>武富

雑感

レッズとしては、ある程度受けてカウンターというのはいつもやっていること。またタイミングを見てプレッシングしてボールを奪いにいく、ダメならすぐ戻る、をやっていたのでチームとしては狙い通りだったのではないかと思う。前半はちょっとやられすぎだったけど。

清水もきっとやりたいことができていて、後ろからボールをつないでレッズ陣地の深いところまで何度も侵入。判定で勝ち負けがあるなら自分たちが勝ったと思っているのでは。

レッズは最後のところをやらせずに、ここぞでゴールを奪うのも一つの勝ち方になっているので、それはそれで勝点の積み方としては悪くない、と思う。
今日はカウンターが中盤で引っかかってつながらないシーンが多かった。もう少し工夫すると良くなるのだろうか。

個人的には、今後は前を向けそうな武藤選手と武富選手に期待したい。また、荻原選手のギラギラ感、ゴールに向かう姿勢はそのままだったので、ぜひ壁を乗り越えてスタメン定着を狙って欲しい。

勝てる気がしない、って試合でもなかったので、次にまた期待してます。

HOME

Pick Up Post

New Posts

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Category