Urawa Reds Life

   

J1リーグ第6節 浦和レッズ vs 柏レイソル。決定機が多かった試合、しかし0-4で敗戦。

07/23/2020    Game
浦和レッズ vs 柏レイソル

連敗は避けたい浦和レッズ。

3連戦の真ん中で柏レイソルと対戦。

スタメン

6節 浦和レッズ vs 柏レイソル スタメン

スタメンに武藤選手が復活。汰木選手が初めてスタメンを外れ、左サイドにファブリシオ選手、右サイドに関根選手というSHの選定となった。CBはデン選手が今節も不在。コンディションが戻らないのだろうか。

リザーブ:福島、岩武、長澤、伊藤(涼)、汰木、興梠、杉本

今シーズン、伊藤選手が入ったのは初めてと思う。大槻監督、徐々にメンバーを入れ替えてきた。

前半

前半早々、相手の縦パスを前向きにカットして前線のレオナルド選手へ縦パス。横に持ち運んで縦に抜ける武藤選手へヒールパス、からチャンスとなった。

続いて武藤選手が中央のスペースをうまく使ってカウンター時にボールを受けてチャンス演出。

武藤選手はその後、DFの裏へ抜けてボールを受けてシュートを打つなど、効果的な動きを続けた。

レッズは守備では複数人が前線から追い込んでGKに戻させる。そしてロングボールを回収して攻撃につなげる。

前向きに奪うイメージが良くて、チャンスを何度も作っていた。

しかし前節と同様いい展開だったのに、先に失点してしまう。

ゴールキックの展開で西川選手が自陣内で始めるも判断ミスで、PA付近でボールを奪われる。そのままゴールを決められ先制される。

このシーンだけ見れば、浦和レッズがやりたいサッカーって逆なのでは…とも思ったが、安易に相手にゴールを与えてしまった。

後半

前半見ていて、オルンガ選手にボールを渡さなきゃいいじゃん作戦なのかなとみていたが、結局後半6分、クロスからオルンガ選手に決められ2失点目を喫してしまう。
今シーズン、クロスからファーでヘッドされての失点は今後もたくさん見ることになってしまうのだろうか…うーむ。

3失点目も中央でヘッドで繋がれ失点。

最後は強烈なシュートを決められ4失点。

これで今シーズンの総合得失点差は-3(今シーズンの目標は+二桁)。。。

雑感

武藤選手はすごい良かった。違う相手と戦ったときも同じように下がるとき裏に抜けるとき、味方を活かすときと全てに効果的なプレーを見せられるなら、2トップで出場する時間が増えると思う。ゴールもぜひお願いしたい。

大槻監督の理想は、守備で相手をはめてボールを高い位置で奪いゴールに向かう、攻撃時はボールを保持しながら相手を崩す、なのかな?と思いながら見ていた。

粘って守備をしながらカウンターで刺す、という展開を続けることは、必ずしも目指しているところではないように思う。もちろん横浜Fマリノス戦のようにそうやって勝ち点を拾っていくことも大事。

前半はうまくやれていた。チャンスも作っていた。
おお、こういう試合展開を目指しているのか!と思った。

でも自分たちで難しい試合にしてしまった。

まだまだこれからのチームです、ということを自ら改めて証明してしまったように思う。しかし失点後も、得点を狙っていたし、決定機は何度も作っていた。

レッズの選手たちは積極的にプレーしているように見えるのに、所々で窮屈になりカウンターを受ける、というシーンが多かった。

ドリブラーのキレがないのも打開できない要因の一つかなとも思ったけど。

修正しなければいけないのはどこだろうか。視野と判断のところなのだろうか。それともポジショニングなのだろうか。はたまた、1失点目のように、まだディテールの部分でいろんなことを整備していかないといけないのだろうか。

浦和レッズはまずどこにメスを入れて、次に挑むべきか。大槻監督は次節、何を選手に指示するだろうか。

まだシーズンは始まったばかり。選手層の厚い浦和レッズはこれからの過密日程では有利なはず。ここからの躍動に期待。

中三日ですぐ、日曜日に横浜FC戦です。

HOME

Pick Up Post

New Posts

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Category