Urawa Reds Life

   

J1リーグ2020第2節 浦和レッズ vs マリノス。狙い通りのプレーができた?けど点が入らなかった試合

07/04/2020    Game
浦和レッズ vs 横浜F・マリノス

いよいよ再開のJリーグ。新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で、中断期間が長かったため、ここから一気に連戦。

その初戦、相手は昨季の王者横浜F・マリノス。

浦和レッズが2020年から3年計画で構築しようとしているサッカーを体現できるか。マリノスに通用するのか。見所が満載の一戦。

なお、リモートマッチと称され、無観客で開催された試合となった本日。浦和レッズというクラブはすごすぎるビジュアルを作り上げ、無観客ながらも最高の雰囲気を整えた。

浦和レッズのコレオ 2020/7/4

テレビの前で感動。そしてキックオフ。

スタメン

スタメン 2020 2節 浦和レッズ vs 横浜Fマリノス

ボランチは柴戸選手と青木選手。中盤は守備を重視した布陣とみる。SHは汰木選手と長澤選手が起用された。前半は守りつつカウンターを狙い、ドリブラーの関根選手とマルティノス選手を後半に投入する作戦と予測された。

注目はトーマス・デン選手のセンターバック。いきなり再開初戦、マリノス相手に起用されるところを見ると、かなり監督の評価が高いものと思われる。

SUBには福島選手、宇賀神選手、柏木選手、関根選手、武藤選手、マルティノス選手、ファブリシオ選手が入った。

レオナルド選手がいないのが心配だが次節は出れるだろうか。

前半

レッズはボール保持を主とするわけではなく、奪ったら素早く前に送る作戦。無理して後ろからつなぐこともしない。

攻撃は左サイドからをメインとし、前半早々汰木選手のカットインからのシュートなどチャンスを作る。

汰木選手はボール奪取からのシュートや、ボールキープしての山中選手の駆け上がりを促してパスなど、持ち味を発揮。マリノスに脅威を与えていた。

特筆して目立ったのは、柴戸選手のボール狩りとり能力。何回ボール奪取をしただろう。かなり効いていた。オリヴェイラさんにも能力を買われて使われていたけれど、「相手にボールを持たせて奪取してカウンタースタイル」ではかなり輝けそうな予感。

いい意味で前半目立たなかったのはトーマス・デン選手。ポジショニング、カバーなどそつないうえに時折見せるロングパスも悪くない。2019シーズン終了後のクラブの会見で補強のポイントはセンターバック、と言われて意味がわからなかったが、今はその意味がわかる。高いラインでコンパクトな守備を実現する上で彼のようなプレーヤーは必要なんだろう。

後半

交代は以下の通り、4人を入れ替えた。
後半13分、長澤—>関根、汰木—>マルティノス
後半30分、興梠—>武藤
後半43分、山中—>宇賀神

途中からオープンな展開になった後半。どちらのチームにもピンチ・チャンスが発生。

レッズは橋岡選手のクロスから杉本選手がヘッドしたシーンが最大のチャンスだったかも。杉本選手は事前に要求した上で橋岡選手がドンピシャのボールを入れたので、決めたいシーンではあった。

橋岡選手は、前にスペースがあるときにボールを前方にトラップして相手と距離を測りながらクロス、というシーンがこれを含めて2回ほどあった。これは去年?身につけたもので、クロスの精度含めて攻撃の面でも貢献できていた。今シーズンも期待したい。
(知らない人もいるかもしれないが、もともとCBの選手。サイドの攻撃は徐々にバリエーションを習得している。H23代表でもサイドで使われていてSB・WBの選手になったなぁ…と)

試合中盤以降、マリノスは中盤を支配し始める。

マリノスは最後チャンスがあったものの、レッズの守備はなんとか持ち堪え(西川選手のスーパーセーブはさすが!)、0-0で勝ち点1を得た。

雑感

基本後ろからつなぐことは選択せず、高さも活かしながら前線にロングボールを送る。

カウンター時はスペースを生かして突破。

場合によっては前線から追いかけショートカウンターを狙う。

この作戦はマリノスの高いラインを崩すにはマッチしていて、チーム全体で統一した理解でのプレーができていたように思う。ボール保持率は低くともチャンスはそれなりに作れる戦い方、そして狙い通りなので選手も割り切ってプレーできる、そんな感じだったんじゃないかと。

前半だったと思うけど、中盤低めで興梠選手ボールをとって左サイドを駆けあげる汰木選手の前の広大なスペースにパス、そして複数人がマリノスゴールにダッシュするというシーンがあった。汰木選手のシュートはゴールを外れたけど、あれが今年何度も再現性を持って見られているのはポジティブに思う。

ボールを奪ったらすぐにゴールに向かってプレーをする。見ている方もついついお尻が浮いちゃうサッカー。

あとは点が獲れるかどうかという展開だった。

コンパクトな陣形維持はできていたと思うし、選手交代も含めてやりたいことはできた方だったんじゃないかと推測。

昨季の王者マリノスに0-0。去年はコテンパにやられたので、進歩していると考えたい。

サッカーのある週末はやはり最高。ここまでの試合を実現にあたっては多くの方の尽力があったに違いない。本当に感謝。ありがとうございました。

さぁ、次は水曜日に仙台戦。

忙しくなってきましたよ。

HOME

Pick Up Post

New Posts

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Category