Urawa Reds Life

   
09/13/2019    Game
   

J1リーグ第26節 浦和レッズ vs セレッソ大阪。スキの少なかったセレッソ大阪。目のギラギラだけは失わないで。

浦和レッズ vs セレッソ大阪 ホーム

いよいよリーグもシーズン後半大詰め。残り試合も少なくなってきた。

降格圏との勝ち点差が少ない我らが浦和レッズは、絶対に勝ち点3が必要、そしてホームでこれ以上負けられない、そんな一戦となる。

相手は好調セレッソ大阪。

スタメン

浦和レッズ vs セレッソ大阪 スタメン

左サイドは汰木選手が抜擢された。大槻監督の期待が伺える。

ボランチは青木選手と阿部選手のペア。大槻監督の青木選手への信頼はかなり厚い。エヴェルトン選手は前節の件があったので、少しお灸をすえられた形だろうか。

リベロは森脇選手ではなく鈴木選手。守備を重視していると思われる。

前後半

集中力がどちらも途切れない前半だったと思う。セレッソはあまり隙がなくて、サイドもうまく守られていた。

前半は0-0。

後半2分、39分にレッズは失点する。
レッズの失点シーンは、なんといったらいいのか、守備の選手はそろっているけどシュートコースがあって、素晴らしいゴールを決められてしまったように見えた。

1点目は相手のサイドバックがスルスル上がってきたところをうまくケアできてなかったかもしれないけど、シュートコースには入っていたし、汰木選手の足にあたってコースが変わっていたというのもあった。

相手の2点目は素晴らしいシュートだった。あれがレッズの選手たちも打てればなぁ。。。

後半15分興梠選手の得点は、ディフェンスラインから持ち出して長澤選手が粘って左サイドに展開、荻原選手が縦に突破してシュートしたところを詰めたもの。
いいゴールだった。ああいうゴールを試合中にもっと見たい。

最後まで粘るも、1-2で敗戦。セレッソは強かった。

途中交代

後半10分 汰木選手—>荻原選手
後半32分 長澤選手—>杉本選手
後半36分 興梠選手—>柴戸選手

阿部勇樹選手が2枚目のイエローで退場のため最後の交代カードは柴戸選手となった。

雑感

レッズは最後まで走れていたし、選手たちは最後まで戦っていたし、でもどうにも相手の素晴らしいゴールが決まってしまう流れにある気がする。

一方、レッズはスーパーゴールみたいなものが見られない。
セットプレーからの得点もない。

よく設計された相手と対戦するとき、今のチームでは非常に苦しい。過密日程でこちらには十分に準備する時間がない。

ラッキーボーイがいるとしたら荻原選手かなと思う。彼は荒削りだけど、縦に行くしゴールに向かっていく姿勢がある。今日のゴールも彼の仕掛けがあってのもの。

さて、リベロのポジションを今後どうするのか、気になる。

鈴木選手からミドル・ロングパスで打開という展開はあまりなかった。相手がうまくパスの出しどころを潰していたのかもしれない。

でも森脇選手だったらどうだったろう、と思う。マウリシオ選手もいいボールを蹴れるが、ときおり無理してカウンターも受けるので、なんとも難しいところ。

鈴木選手は守備で相手をかなり潰していたので、攻撃と守備、どっちを取るのか難しい。ここは監督が決めることだから、守備を取るというのが大槻監督なんだと思う。

しかし3-4-2-1でこれまで結果を出してきたレッズのリベロはボランチの選手が務めてきた歴史がある(那須選手、遠藤航選手、阿部選手…)。

攻撃力と守備力、ここのバランスを崩してミシャさんは勝てなくなった。

複数得点が取れなくて苦しんでいる我らが浦和レッズ。攻撃と守備は表裏一体。どうやったらいい循環を作れるだろうか。

いったいどうしたら。。。

シーズン終盤になっていよいよ後がない。

僕らにできるのは後押ししかない。

さて次はACL、その次は天皇杯、次のJリーグまで時間がある。準備をして万全の体制でのぞんでほしい。

さいごに。

ゴールに向かう姿勢。取られても突っかかっていく関根選手と荻原選手。
ひるむことなくつかかっていって下さい。

一試合に1,2回でもゴールにつながればいいのです。毎回抜けるわけなんてないので。

勇気を持ってゴールに向かってドリブルを。(ときおりファーに逃げてクロスも。ときおりパスも見せつつ。)

2人の目はいつもギラギラしているので。そのギラギラを失ったらレッズは終わってしまう。

彼らがレッズを救ってくれるんじゃないかと信じてます。

Pick Up Post

New Posts

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Category

HOME