Urawa Reds Life

   
05/13/2019    Game
   

J1リーグ2019第11節浦和レッズvs 名古屋。アウェーで完敗。距離感の差がよくわかる試合だった

Jリーグ アウェイゲーム 浦和レッズ vs

なんとか上位に食らいついていきたい浦和レッズ。アウェーACLの一戦に勝利した勢いで好調名古屋とアウェーで戦う。

スタメン

2019 浦和レッズ vs 名古屋グランパス

ほぼいつもと同じメンバーだが、柏木選手が復帰。リベロには岩波選手。

鈴木選手はほぼスタメンに定着しつつある。守備だけではなくビルドアップにもスムースに貢献できる器用さは貴重。

試合

名古屋に完全に圧倒されて完敗。

そんな試合だった。

惜しいシーンは0ではなかったけど、完全に名古屋が上回っていた。

1失点めはすごいシュートを打たれ、入れられてしまった。

2失点目はサイドを振られて中央のジョー選手に見事に決められた形。

他にも失点してもおかしくないシーンは多数あった。風間さんの作り上げたチームは強い。

雑感

今日は高いディフェンスラインをしく名古屋に対し、その裏・特にサイドバックの裏を狙う浦和という構図でスタートした。しかし途中から機能しなくなった。

名古屋のクオリティが圧倒的だった。

しかしレッズは何度も簡単にボールを失って攻撃のリズムを作れなかった。

個人個人のクオリティにも差がでていた。もちろん戦術にも差があった。

FWと他の選手の距離感に特に大きな差があった。

名古屋は近い。だからパスの預けどころも多い。高いディフェンスラインとポジションの取り方が違う。

レッズは遠い。

だけどオリヴェイラ監督はあまり選手が持ち場を離れるのをよしとしない。

ブロックをしいて守備の安定度を増すことを重視するからだ。

元々の戦い方が違う。

名古屋の戦い方は理想だが、あそこまで積み上げるのには時間がかかる。ミシャさんが浦和で時間をかけて攻撃を構築したように。

レッズは今はこういう戦い方をするしかない。

ならば荻原選手のような勢いのあるメンバーをぜひ活用してほしい。1対1で負けてしまっては今のレッズに勝機はない。

試合後に悔しそうにする姿。そこに希望を持ちたい。

まだシーズンは1/3終わったばかり。まだまだ巻き返しはできるはずだ。

Pick Up Post

New Posts

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Category

HOME