Urawa Reds Life

   
04/29/2019    Game
   

J1リーグ2019第9節 浦和レッズvs 清水 アウェーで無失点勝ち点3。これからも個性を活かしてスタジアムを沸かせてくれ

Jリーグ 清水エスパルス

「平成最後の」という言葉は聞き飽きた感もあるが、どうやらこの試合が平成最後のJ1リーグの試合らしい。

他の上位チームは勝利し勝ち点を積み上げているので、とにかく勝利が欲しい浦和レッズ。ACLと並行して過密日程が続くがなんとか勝ち点3をアウェーでつかみとりたい。

スタメン

2019シーズン 清水エスパルス戦スタメン

浦和レッズのスタメンには少し変化がある。ACLから欠場している柏木選手のところには長澤選手が入った。同じく欠場中の右サイドアタッカー橋岡選手のところには、森脇選手が入っている。

右ストッパーには鈴木大輔選手がACLに引き続きスタメンに名を連ねている。

試合

試合を通じて思ったのは、清水のような守り方をしてくる相手にはボールを後ろでつなぐことはできるということ。ただし、なかなか前にボールを運べない。

得点はセットプレーの流れから先制したものと、最後にカウンターで決めた2点。なかなか相手を崩しきるというところまでいかないのが現状。

ボールをキープして相手を押し込んで時間を使うということはできそうなので、試合展開をみながら勝っているときもこれをできると、夏場は大きいかもしれない。


守備では「あーやられた」というシーンはあまりなく、このあたりは清水の攻め方に助けられた気がする。今の浦和レッズは後ろにあまりスペースを作らないし、中盤もしっかりポジションをとってスペースをあたえないので、相手からすると攻めにくいと思う。

エヴェルトン選手が中央に絞っているときに、レッズの右サイドに広大なスペースができることがあって、少し後半そこを使われたシーンがあったけど、今日はそのくらいだろうか。

とにかく守備を固め、少ないチャンスを決めきる。これで結果を出している以上、オリヴェイラさんはここをベースにすると思われる。

カウンターの切れ味を上げるための汰木選手の投入はとてもワクワク感があるものだった。マルティノス選手はボールロストが多い日もあるのだけど、この試合の汰木選手くらいキープして前に運んだり、ときに戻したりしてくれるとチームへの貢献度は大きい。今後が楽しみ。

そんな感じで平成最後のゴールを汰木選手のアシストから興梠選手が決めて2-0で勝利し、アウェーで貴重な勝ち点3をゲットした。

雑感

つまらない試合という人はどういう試合を求めるのだろうか。

面白いけど途中で勝てなくなった時に、当時のミシャ監督を解任したのは浦和レッズ。

得点は取れていても勝てなければ解任されてしまう、それが浦和レッズというクラブ。常に結果が求められる。僕はそれを強く感じた。

オリヴェイラさんは今は結果を出している。

確実に守り、得点を狙う。

これで勝ち点を少しずつ積み上げる。アウェーでも確実に勝ち点を積んでいる以上、文句は言えない。

将来が期待できないという意見もあるかもしれない。でもこの戦法の方が将来にわたっても安定的に勝ち点を積むのではないだろうか。

守備を固めてカウンター、リスクを取らずにビルドアップ。ボールキープをできるようになるとさらに安定感は増すと思う。

攻撃の形をこれから作ってもらえるなら、さらに期待できる。しばらくオリヴェイラ監督についていきましょう、と思います。


オリヴェイラ監督の特徴なのか、最近サイドチェンジを多用している。

右サイドの森脇選手を外せないのは、「右サイド→左の山中選手へサイドチェンジ」が使えるからだと思う。ロングボールが通って山中選手のクロス、という武器は強力。相手がサイドを意識すれば中央が開いてくるので、特に今日のような4バックの相手に威力を発揮しそう。森脇選手は縦にも中央にもいける視野の広さがあるので、これからも重宝されそう。

サイドチェンジをやるなら岩波選手もいた方がいいかなーと思うけど。
鈴木選手はここ2試合スタメン起用されているが、守備だけじゃなくて、積極的に上がっていたシーンが多かった。右サイドで森脇選手と鈴木選手が上がって相手ブロックを崩そうとしているのをみて驚いた。あれ、槙野選手ですら最近あまり上がっていかないのに、と。

しばらく右サイドの動きを観察していきたいと思う。


昔は、どのようなフォーメーションで戦うのか、そういうところを楽しんでいた。けれども最近見ていて思うのは、やっぱり勝つために走るレッズの選手たちを見たいんだな、と。

そんななか各選手が特徴を活かしてスタジアムを沸かしてくれると嬉しい。ドリブルで突破していくシーンは盛り上がるし、熱いプレーは見ていて心に届くものがある。

マリノス戦のようになすすべなくなってしまうと見てる方もつらくなるので、最低限戦える戦術や試合中の修正はしていただきつつ、あとは走って戦ってゴールに向かってほしい。

選手のみなさん、暑くなってきますが、引き続きよろしくお願いします!

Pick Up Post

New Posts

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Category

HOME