Urawa Reds Life

   
04/20/2019    Game
   

J1リーグ2019第8節 浦和レッズ vs 神戸 ホームで勝ち点3。勝ちゃいいのかという気もするが、勝ちながら進んでいきたい

Jリーグ 浦和レッズ vs 神戸

神戸は監督が変わり、イニエスタ選手が不在。そんな神戸を相手に満員のホームで勝利し勢いをつけていきたいところ。

上位に離されないために、勝ち点3を積み上げていきたい。

スタメン

2019シーズン vs ヴィッセル神戸

レッズのスタメンは前節と同じ。勝利しているときはあまり変えないのがセオリーということか。ACLも控えているので、どのように回していくのかオリヴェイラ監督の手腕の見せどころ。

神戸はサンペール選手と山口蛍選手のボランチ。トップ下にポドルスキ選手。ビジャ選手やイニエスタ選手がいなくとも、なかなかに豪華なメンバー。

前半

開始早々はボールを保持しながら押し込む浦和レッズ。

10分頃、相手のミスから興梠選手が抜け出し、PA内で切り返したところで相手の足が引っかかってPK。これを興梠選手が冷静に決めて先制。


その後は守備で構えながらカウンターを狙う。

浦和は守備の時は武藤選手が降りて基本5-4-1でセットして構える。相手がパスを後ろで回しているときは徐々に相手のコースを切って追い込んでいく。

神戸は監督は変わったけどGKからボールを運ぶスタイルを取っている模様。

崩せないときの神戸は前線のウェリントンの強さを活かし、中盤からミドルレンジのパスをタイミングよく放り込む。

これがとにかく怖い。でも精度がなくて助かった前半だった。

レッズの攻撃もいくつかいいシーンが見られた。

17分にみせた槙野選手から裏へ走る山中選手へのスルーパス、からの中へのクロス。

惜しくもクリアされたが武藤選手と興梠選手が走り込んでいた。これは一つ攻撃の形。

これは宇賀神選手と槙野選手が昔からよくやっていたパターン。1試合に2-3回くらい試して1回うまくいくくらいのイメージだけど、きっと狙っている回数はもっとあるだろう。

山中選手は縦に抜ききらなくとも、早いタイミングで相手GKとレッズFWの間にいいボールを入れることができる。彼がボールを持つ前から3人も4人もPAに突っ込んでいくのでなかなか迫力がある。橋岡選手も結構走り込んでいて、そこでの高さも期待されての起用かもしれない。

後半

リードをしている間は守備一辺倒のレッズ。何度もピンチを迎える。しかし最後は西川選手のセーブもあったりしてゴールを割らせない。

変わって入ったメンバーは自分の仕事を遂行するものの、カウンターアタックの際のキレがどうしても見せられない。

そんな状況でも最後まで守り切って1-0にて勝ち点3は獲得。

橋岡選手のケガの状況が気になるな。

雑感

カウンターの際、ミシャさんのときと比べると後ろの押し上げが足りない気がするけど、どうなんだろう。

とにかくオリヴェイラさんの戦い方は重心が後ろめ。でも今は勝ち点という結果がついてきているので、これがオリヴェイラさんのすごいところ。

しかしこれで勝ち続けられるとも思えない。確率論的に言えば、点を入れられるのも時間の問題にも見えるから。危ないシーンはたくさんあった。

レッズはボールを保持しながら時間を使うこともしないと夏場持たない気がする。今は勝ち点を悪いながら積みつつあるので、今のうちにチームの力を向上していかないと、という危機感がある。

オリヴェイラ監督、よろしくお願いしますよ。

Pick Up Post

New Posts

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Category

HOME