Urawa Reds Life

   
03/09/2019    Game
   

J1リーグ2019第3節 浦和レッズ vs 松本山雅FC 戦ってもぎ取った勝ち点3。シーズンは始まったばかり。

Jリーグ 浦和レッズ vs 松本山雅FC

水曜日にACLを戦った浦和レッズは続けてJリーグの試合を迎える。相手は松本山雅FC。戦うチームはちょっとでも油断するとやられてしまう。まして相手のホーム。

強い気持ちを持って戦いたい。

スタメン

2019シーズン 浦和レッズ vs 松本山雅FC

レッズはこれまでのスタメンから一部変更し、マウリシオ選手とエヴェルトン選手、杉本選手が外れた。

柴戸選手のアンカーはとっても見たい形だったので、ナイスオリヴェイラ監督。彼は柴戸選手の才能を買っているので、いよいよ重要なポジションを任せようということだと思う。

安定と経験を取るなら阿部選手だろうし。

前半

前から迫力を持ってボールホルダーを追うナバウト選手。前半8分頃にボールを奪いシュートまで持っていったシーンは相手に怖さを与えたと思う。

一方松本もすごい勢いでレッズのボールホルダーにプレッシャーをかけてきた。

その勢いは尋常じゃなく、レッズのメンバーも自由がない状態でのプレーを強いられる。

両者譲らぬプレー強度で手に汗握る展開で、あっという間に45分が経過。

レッズは左サイドに展開し、右の橋岡選手もしくは興梠選手がファーサイドに入り、そこへサイドチェンジパスを出すという形を何度か狙う。

惜しいシーンが2回くらいあって、得点のチャンスがないわけでもなかった。

後半

中盤のバチバチ感は変わらず局面での迫力は変わらず。

そんな試合展開、風下のレッズはボールを裏に蹴り、松本のプレッシャーを無にする作戦で出る。

結果的には裏へ抜け出た長澤選手のクロスが相手選手のハンドにつながり、PKでレッズは先取点を得る。

その後はセイフティーに守備を頑張り無失点で1-0の勝利。

アウェーで勝ち点3は最高の結果。決してガチガチの守備的なプレーではなく、戦いあってのシーズン初勝利はチームに勢いをもたらしてくれるに違いない。

雑感

オリヴェイラ監督は後半おわりに森脇選手に替えて鈴木選手を投入した。

選手の情報を見ていくと、レッズのディフェンス陣は体格・フィジカルを備えた選手が揃ってきた印象がある。

182cm/74kgの鈴木大介選手

182cm/77kgの槙野智章選手

186cm/72kgの岩波拓也選手

183cm/82kgのマウリシオ選手

182cm/73kgの橋岡大樹選手(もともとCBの選手)

闘莉王選手、坪井選手がいた頃もタレントが揃ったディフェンス陣だったけど、今も十分な実力者揃いではないかと思う。

攻撃に特化したい場合は森脇選手もいるし。

さらにセンターバックを始め守備的なポジションならどこでもできる阿部選手もいる。

オリヴェイラ監督はしっかりとした守備を構築して戦うタイプ。欲しい選手はそろってきたのではないか。

前から戦ってくれるナバウト選手や長澤選手、チームのために走れる柏木選手、安定の青木選手に成長著しい柴戸選手。ここではあげきれないけど、レッズは十分な戦力を持っている。

今後戦う姿勢さえ失わなければ大量失点で負けるという試合は少なくなるだろうし、堅い試合をしながら勝ち点を積み上げていってくれると思う。

まだまだシーズンは始まったばかり。今後のレッズの戦いが楽しみだ。

Pick Up Post

New Posts

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Category

HOME