Urawa Reds Life

   
02/23/2019    Game
   

J1リーグ2019第1節 浦和レッズ vs ベガルタ仙台 守備は安定も攻撃には形がまだない?サイド攻撃の精度向上に期待

浦和レッズ vs ベガルタ仙台 away

いよいよ開幕となった2019シーズン。

浦和レッズはアウェーでベガルタ仙台と戦う。

仙台とは相性が良く、これまで多くの試合で勝利を収めてきた。開幕戦で勝ち点3をゲットして勢いをつけていきたい。

スタメン

2019シーズン 浦和レッズ vs ベガルタ仙台 スタメン

フォーメーションは昨シーズン後半と同じもの。アンカーがいて、中央に2人MFがいて3ボランチのような形。柏木選手と長澤選手は状況を見てポジションを上げ下げする。

サイドアタッカーは左に山中選手、右に宇賀神選手。守備を重視するなら高さと対人の強さのある橋岡選手だが、流れの中でサイドを崩せる選手を選定したと思われる。

橋岡選手はゴールキックのターゲットとしても機能していたけど、ここは使わないということの模様。

前半

仙台はロングボールでボールを運ぼうとするため、レッズも守りやすそうにしていた。長身の仙台の長沢選手を活かそうという作戦か。

レッズは橋岡選手はいないものの、岩波選手や槙野選手、マウリシオ選手も空中戦では決して負けておらず、それほど怖いシーンは作られなかった。

怖いハモンロペス選手は槙野選手が徹底的に潰し、自由にさせない。

一方のレッズの攻撃は、ボールを丁寧につなぐ。ワンテンポ遅いかな、という感じだが、開幕戦ということもあってかテンポが上がらない感じ。集中した仙台の守備も素晴らしく得点に至るシーンはなく前半は0-0で終了。

後半

後半両チームプレー強度高いまま後半も激しく戦っていた。

惜しいシーンも両チームに生まれるがなかなかゴールを割れない。

途中、柏木選手が最終列からスルスルと上がって縦パスを入れたシーンがあったけど、ああいう工夫が少ない気がする。興梠選手と杉本選手はまだフィットしていなくて、これ!というシーンもなかったと思う。

最後まで両者譲らず0-0で勝ち点1を分け合う結果となった。

雑感

オリヴェイラ監督が今後どのように攻撃に決まりごとをつくるのか気になる。このままではあまり得点を重ねることができないと思う。

ボールを奪った後に縦に早く、という意識も今日は感じられなかった。

オリヴェイラさんは今日の試合で、杉本選手をFWに使い、サイドはクロスが素晴らしい山中選手を左に、攻め上がりのタイミングが素晴らしい宇賀神選手を右においた。丁寧にボールを運びながらサイドからクロスを入れる、というパターンの精度を上げていくのだろうか。

槙野選手がときおり上がっていったのも、そういう戦い方の一部なのかもしれない。

サイドでキープしつつ柏木選手や長澤選手もペナルティエリアに侵入!みたいなパターンが今後増えていくに違いない。そう信じている。

新加入の山中選手は縦にも行けるし中にも入れる。左足から繰り出されるクロスは絶品。基本スキルも高いようでボールを失わない。ほとんど左でしか蹴らないのは彼のこだわりだろうか。名波さんもそうだったような。彼からの攻撃の組み立てが今後増えるだろう。

アウェーで勝ち点1は最低限の結果。今後続く試合でレッズが何を狙いどう戦うのかたのしみに見ていきたい。今シーズンもよろしくお願いします!

Pick Up Post

New Posts

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Category

HOME