Urawa Reds Life

   
12/09/2018    Game
   

2018 天皇杯優勝!1年間おつかれさまでした、ありがとうございました。

天皇杯決勝 2018 vs ベガルタ仙台

今日は厳しい試合を勝ち抜いて手に入れた天皇杯決勝の挑戦権。

シーズン序盤に監督が交代するという厳しいシーズンをここまで戦ってきた。最終戦を天皇杯の決勝として迎えることができるなんて、夏場は全く考えてもいなかった。

オリヴェイラ監督と選手のみなさんには感謝しかない。

残念ながらJリーグでは来年のACL出場枠に入ることができなかったため、ACLに出るためにも絶対に勝たなければならない試合。

スタメン

マウリシオ選手のポジションに阿部選手が入った以外はいつものベストメンバー。

この試合に向けて調整してきたオリヴェイラ監督。どんな戦いを見せるのか。

仙台にはスタメンに石原選手。

リザーブに矢島選手と関口選手。レッズに所属していた選手たちも他チームの戦力としてがんばっているようだ。埼スタでの決勝をどう感じているのだろうか。

前半

前半開始は仙台のアグレッシブなプレーと上がりに押し込まれるレッズ。

レッズの攻撃は右サイドからの攻略が目立った。キープしながら狭いところを通して長澤選手が飛び出すイメージ。

そんな中、右サイドの攻撃からコーナーキックを得る。

ショートコーナーからのクリアボールを宇賀神選手がスーパーミドルで決めて先制。

鳥肌モノのスーパーゴールだった。

これを決勝でやってくれるとは!!


宇賀神選手はいつもシュートが打てるときは打っている。

枠に行かないこともあるけれど、打たなきゃ入らないことを教えてくれるゴールだった。


仙台は左サイド深くに入り込み幾度となく危ういクロスを送り込んでいた。

それでもレッズは高い集中力でゴールを割らせない。

後半

後半も同じペースで試合が進む。惜しいシーンを何度か外してしまうも、嫌な雰囲気になることはなく、集中力の高いレッズは終始厳しいチェックで仙台に自由にプレーさせていなかった。

シュートを打たれそうになっても何人もの選手がコースに入りゴールを守る。

とにかく勝つために戦う。

そんな気持ちが伝わってくるようなプレー。後半43分ころからはボールキープを徹底してアディショナルタイム5分も乗り切って優勝!

これまでとこれから

相手をコンビネーションで崩す。綺麗な攻撃プレーで魅せる。

そんな理想を掲げワクワクさせてくれたミシャさん。

2016年にルヴァンカップの優勝を成し遂げるもJリーグではカップを勝ち取ることはできなかった。

2017シーズン途中でバトンを引き継いだ堀監督。ACLは現実的な戦い方に徹して優勝を勝ち取った。ところがその後自分のスタイルでチームを作るもJリーグでは振るわず。

2018年途中でバトンを引き受けてくれたオリヴェイラ監督。最後まで上位を狙える位置にチームを引き上げるとともに、勝負強さを見せ天皇杯優勝まで味あわせてくれた。

ここにくるまでに長い歴史があった。辛い時期もあったけど、なんだかんだで3年連続のタイトル獲得。

その歴史を知っている平川選手はついに引退してしまう。

ところが浦和レッズの未来はすこしづつ拓けているように思う。

大槻組長に抜擢され、シーズン序盤からスタメンを張り続け天皇杯決勝も戦いきった橋岡選手。まだ19歳。

今年から加入したルーキーにも関わらず、大事な試合で途中出場してはゲームを締める役割を担った柴戸選手。23歳。

今日は出場がなかったけど、チームに勢いをもたらすドリブルとシュートを持つ荻原選手。まだ19歳。

インテンシティ高い試合で毎回すごい存在感を放つ長澤選手は今年27歳になる。

高さをもちつつも精度高いフィードでゲームに変化を与えられる岩波選手はまだ24歳。

30を超えた選手がチームを引っ張る中、レギュラーを実力で勝ち取り浦和レッズの勝利に貢献する若手のみなさん。

厳しい世界で戦い、JリーグやACL、W杯予選・本戦など修羅場をくぐってきた百戦錬磨のベテラン選手たちの背中を見て多くを学んでいることだろう。

今回の優勝で経験と自信を手に入れつつ、大きく成長し、来年さらなる飛躍を遂げてほしい。

来年はJリーグとACLの両方を戦い抜くタフさが要求される。全員がさらに成長しチームを底上げしないとどちらも戦いきれない。

若い選手たちの活躍に期待したい。そして中堅・ベテランのみなさんも引き続き勝利のためにチームを引っ張ってほしい。

試合終了後の阿部選手の涙にこちらも涙しそうになった。去年のACL決勝の後も涙してたかな。いつもチームを背負い込んでいるように見える大ベテラン。でも決して弱音を吐かない。サポーターのために、勝利のために戦う37歳。

Jリーグの優勝を阿部選手とともに成し遂げたい。

2019年度に期待したい。

おわりに

選手のみなさん、スタッフのみなさん、まずは今年一年おつかれさまでした。

そして天皇杯優勝、ありがとうございました!

ゆっくり休んでいただいて、来年へ向けてエネルギーを蓄えてください。

Pick Up Post

New Posts

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Category

HOME